ニュース
» 2016年11月25日 13時00分 UPDATE

LED照明:消費電力80%削減、水銀ランプを代替するLED照明 (1/2)

水銀ランプやメタルハライドランプのように、高天井に設置して使う照明をLEDに置き換える動きが盛んだ。OPTILED LIGHTINGは、最大163ルーメン/ワットのLED照明を投入。さまざまな設置方法に向く製品をそろえた。

[畑陽一郎,スマートジャパン]

 工場や倉庫、大型商業施設などの高所に取り付けて使う大光量の照明。これまで使われてきた水銀ランプやメタルハライドランプなどのHID照明を、LED照明に置き換える条件が整ってきた。

 照明の能力では、明るさを維持しながら、消費電力の低さをうたうLED照明が圧倒する。寿命も長い。水銀に関する水俣条約によって、2020年以降の高圧水銀ランプの製造・輸出入が規制されることから、LED照明への追い風が吹いている形だ。

 OPTILED LIGHTINGは、水銀ランプやメタルハライドランプと同等に利用できるLED照明「REALPOWER ソレイユ」の販売を2016年12月1日に開始する(図1)。同社の従来品と比較して最大1.3倍明るい。

図1 「REALPOWER ソレイユ」の外観 投光器として用いる金具と組み合わせた場合を示した 出典:OPTILED LIGHTING

高効率や広い利用環境をうたう

 REALPOWER ソレイユは明るさや取り付け方法、表面カバーによって、30種類の製品に分かれる。最大の特徴は効率の高さ(電気料金の低さ)だ。

 最も効率が高いのは、水銀ランプ400W相当(メタルハライドランプ250〜300W相当)の「OPH-CR26H」。1ワット(W)当たりの光束が163ルーメン(lm)と多い*1)

 「163lm/Wという発光効率を実現するために、3つの改善を加えた。第一により効率の高いLED素子(チップ)を採用した。第二の工夫は分流。LED素子に流す電流を減らすほど、素子の温度が下がり、効率が高くなる。そこでLED素子を分流(並列化)した。ただし、あまりにも分流すると素子の個数が増えすぎてしまい、経済性が落ちる。第3に(図1にもあるように)放熱フィンの形状を工夫したことだ。LED素子の温度を低く保つことができる」(OPTILED LIGHTING)。

 図2左下に示した水銀ランプと比較すると、平均照度を高めつつ、消費電力を約80%削減できるという。メタルハライドランプと比較しても約67%の削減になる*2)。図2の右側にあるREALPWOER ソレイユでは、明るいことを示す白や赤の面積が広いことも分かる。

*1) 今回の製品のうち、最も効率が低い製品は147lm/W。なお、水銀ランプを代替するLED照明のうち、業界で最も効率が高い製品は、170.2lm/W(1万6000lm、94W)。
*2) 幅30m、奥行き20m、高さ7mの室内において、天井に取り付けた場合のシミュレーション結果。天井の反射率は50%(壁30%、床10%)。取り付け台数はいずれも24台。

図2 照度シミュレーションの結果 出典:OPTILED LIGHTING
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.