ニュース
» 2017年09月12日 11時00分 公開

電気自動車:一般住宅に設置できるEV充電器、40kWhを7時間でフル充電

デルタ電子は一般住宅向けの電気自動車用充電器の販売を開始した。最大6kWで充電でき、30kWhのバッテリーを搭載したEVで約5時間、40kWhの場合は約7時間でフル充電できるという。

[長町基,スマートジャパン]
「Q-VEC」の外観(クリックで拡大) 出典:デルタ電子

 デルタ電子は一般住宅にも設置が可能な、電気自動車(EC)用AC充電器「Q-VEC」の販売をこのほど開始した。家庭の電力契約に合わせ24Aおよび30Aの2モデルを用意している。

 EVのより長い航続距離のニーズに伴い、搭載されるバッテリーも大容量化が進んでいる。そうした中、充電器にも高出力が求められているが、Q-VECの30Aモデルは最大6kWで充電が可能であり、30kWhのバッテリーを搭載したEVで約5時間、40kWhの場合は約7時間でフル充電することができる。充電中の情報なども専用のアプリケーションを利用することで、リアルタイムに監視可能だ。

 また、バックエンドサーバとのイーサネット通信や、IP55の防じん・防水による高い耐候性、IK08相当の耐衝撃性などを備えている。本体の外形寸法は350×400×126mmで、質量は約7kg。充電ケーブルはストレートケーブルで、長さは5mとなっている。

 同時発売の専用オプション品であるデマンドコントローラー「EVUJ 100」を使用することにより、家庭の契約電力量を超えないようにEVの充電で消費される電力を制御することができる。Q-VECを設置する際に、契約電力値の大幅上昇を避けることが可能だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.