ニュース
» 2017年10月24日 09時00分 公開

太陽光:香川県のため池で太陽光発電、500世帯分を発電

水上太陽光用フロート架台を販売するシエル・テール・ジャパンが、自社案件として香川県の2カ所に建設。それぞれ500世帯分の使用電力量に相当する年間発電量を見込む。

[長町基,スマートジャパン]

 水上太陽光用フロート架台の大手、仏シエル・テールグループの日本法人であるシエル・テール・ジャパンは、2017年12月から高松市内の農業用ため池で、水上メガソーラー事業を開始すると発表した。

 事業を行うのは、同市香川町浅野の「渡池太陽光発電所」および「市宮池水上太陽光発電」の2カ所。いずれも出力は1980kW(キロワット)、500世帯分の電力消費量に相当する年間発電量を見込む。香川県では初の自社案件の水上メガソーラーとなる。

 同社は2013年の設立以降、水上太陽光発電向けのフロート架台の提供を中心に、日本国内で累計114MW(2017年9月時点)の事業に携わった実績を持つ。2017年度は70MWの新規受注を見込んでいるという。またフロート設計・販売のエンジニアリング事業に加え、自社水上太陽光発電所の開発事業にも注力しており、四国地区では既に徳島県で4件の自社案件の系統連系を行ったところだ。

徳島県阿波市の「伊沢池」に建設した水上メガソーラー 出典:シエル・テール・ジャパン

 「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」による、太陽光発電の買い取り価格の引き下げが続く中、土木造成を伴わない水上太陽光発電のニーズは高まっているという。国内ではため池の所在は大きく西日本に集中していることから、これまでのシエル・テール・ジャパンの水上太陽光発電フロートの納入実績も、西日本が過半を占めている。そのため同社では2017年7月には神戸市に西日本オフィスを開設し、水上太陽光架台の提供をはじめとする顧客への対応強化を図るとともに、自社水上太陽光発電所の開発事業を積極的に推進中だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.