ニュース
» 2018年02月28日 11時00分 公開

太陽光:太陽光事業の測量コストを8割削減、ドローンで木を切らず3次元測量

日本コムシスが太陽光発電の造成に、ドローンを利用した3次元測量を活用。森林を伐採せず効率良く測量することで、計測にかかるコストを5分の1に削減できたという。

[長町基,スマートジャパン]

 日本コムシス(東京都品川区)は2018年2月、太陽光発電所の建設において、レーザー搭載ドローンによる3次元測量を実施したと発表した。ドローン開発を手掛けるテラドローン(東京都渋谷区)が提供する3次元測量システムを活用したもので、森林を伐採することなく地形を測量でき、計測にかかるコストを大きく削減できたという。

 同社が発電所の建設を予定する神奈川県の現場は、急勾配で密集した森林地域であり、従来手法では、森林内部まで立ち入り入念な現場調査を行い、さらに測量のために森林の伐採を行う必要があった。これには、多大なコストと時間が必要となり、発電所の建設計画を作成する上で高いハードルとなっていた。

 そこで今回、測量の効率化を目的にレーザー搭載ドローンを活用。13ヘクタールの森林地域に対し、さまざまな角度から森林内部にレーザーを照射することで森林を伐採することなく3次元測量を行った。これにより、従来の手法では数カ月を要する測量を、4人(ドローン・測量技術者)の作業体制で、2日間に短縮し、測量にかかるコストを5分の1に削減したという。森林内部への立ち入りも最小限に抑えることができ、安全性の向上にも大きく貢献したとしている。

測量を行った現場と、利用したレーザー搭載ドローン 出典:日本コムシス
ドローンで計測した3次元点群データ 出典:日本コムシス

 テラドローンは、レーザー搭載のドローンを活用する土木現場向けのソリューションを展開している。森林を伐採することなく3次元形状が得られ、尾根や沢、平地の状況を精細に把握できるため、太陽光パネルの配置シミュレーションなどにも活用できるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.