ニュース
» 2018年07月25日 07時00分 公開

自然エネルギー:福岡県で“国内材専焼”のバイオマス発電事業、チップ工場も併設

九電みらいエナジーが福岡県筑前町でバイオマス発電事業を決定。燃料となる木材チップには、国内材のみを利用する計画だ。

[長町基,スマートジャパン]

 九電みらいエナジーは、福岡県筑前町で福岡県初という国内材専焼の木質バイオマス発電事業の実施を決定し、このほど敷地造成工事を開始したと発表した。

 同事業は、間伐材などの未利用木材を有効活用するもので、林業関係者などで組織するふくおか木質バイオマス木材安定供給協議会が木材を供給、中山リサイクル産業が新会社を設立し木材チップを製造、九電みらいエナジーが発電所の建設・運営を行う。発電所出力は5700kW(キロワット)で、2018年12月から設備の建設工事を開始し、2020年4月から運転を開始する予定だ。

発電所の建設予定地 出典:九電みらいエナジー

 木質バイオマス発電事業は、地域の天然資源を利用した、天候に左右されない自然エネルギーの創出および温室効果ガス削減に貢献する。また、森林保全や、林業などの地域産業の活性化、雇用創出などの波及効果があるとされている。

 九電みらいエナジーは、木質バイオマス発電を通じて、再生可能エネルギーの普及拡大、福岡県近郊の林業や地域の活性化に貢献することを目指す方針だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.