特集
» 2009年10月08日 15時50分 公開

イマドキ新人教育の法則:内定者に社会人気分を――カレイドソリューションズとマイコミが内製できる研修プログラム

カレイドソリューションズは、毎日コミュニケーションズと共同で、企業の内定者を対象とした研修用ビジネスゲームプログラム「アルティメットチョイス」の提供を開始する。「内製で実施すること」を前提に開発したプログラム。

[塙恵子,Business Media 誠]

 カレイドソリューションズは、毎日コミュニケーションズと共同で、企業の内定者を対象とした研修用ビジネスゲームプログラム「アルティメットチョイス」を開発し、10月15日に提供を開始する。価格は1セット(最大参加人数24人)49万8000円。

 「内製で実施すること」を前提に開発したプログラム。「社内講師で実施でき、会社の実情にあった講義が可能。さらに経年、複数回実施できるため、トータルのコストを抑えられる」(カレイドソリューションズ)

 セット内容は、投影資料、ルールシート、課題シート、意思決定カード、運営用グッズ、講師向け実施マニュアル。5人以上で実施可能で、実施時間は3時間程度だ。

個人をとるか、会社をとるか

 各テーブルに課題を記載したシートを配布。全テーブルの課題をすべて解決できたらゲームは終了となる。

 課題シートには、「5人必要」といった課題解決のための条件を設定している。初期状態では課題解決に対応できる人材が不足しているため、参加者はテーブルを移動しながら人を集めていき、すべての課題の解決を目指すことになる。

 各参加者には、あらかじめ「移動」「情報共有」「商談」「課題解決」の4枚の意志決定カードが配られている。カードの意志決定を実行するには人員が必要で、実行した意志に応じて評価が決まる。

 参加者はそれぞれ4枚の中から1枚を選び一斉に提示する。カードを選んだ参加者は選択した行動を実行するが、利害が異なる参加者間の調整を行う必要がある。例えば「移動」を選択すると、「働いている」という評価につながる。個人で高いポイントを得たい人はこのカードを選択する。会社の利益を考え「情報共有」を選ぶ場合は、テーブルの全員で同じカードを提示しなければなならないため、テーブル内全員の了解が必要だ。

 参加者は行動の結果によって、それぞれのカードに書かれているポイントを獲得し、その積み重ねで会社の利益と個人の評価が確定する。


 カレイドソリューションズはプログラムについて、「社会人として必要な“会社の利益を考える視点”“コスト感覚”“情報共有の重要性”の3つに気付ける。常に悩ましい状況の中での決断を迫られるため、指示待ち、受身といわれる世代にとって、ビジネスシーンにおける自己決定の醍醐味を体感できる」とコメントしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -