ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「研修」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「研修」に関する情報が集まったページです。

バンダイナムコスタジオの新人研修から生まれたアクションゲーム、Steamで無料配信
バンダイナムコスタジオは27日、アクションゲーム「Goonect」(グーネクト)をSteamで無料配信すると発表した。2021年新人研修で、新入社員たちが協力して作ったゲームだという。(2022/5/27)

自民党、NFTで“出席証明”発行へ 「Web3.0に慣れていただく」
自民党青年局がNFTを発行へ。研修会の参加者に、その場にいたことを証明できる「POAP」と呼ばれる譲渡不能のNFTを、出席証明として配布する。(2022/5/27)

洗脳手法:
鬼マナー研修や地獄の特訓に参加させる企業が、経営的無能な理由
激しい言葉でスタッフを叱責したり、泣かせる「指導」がテレビでも放映されます。昔からある地獄の特訓的スパルタ社員教育はなぜ存在するのか。そもそもそうした指導は意味があるのか、人事と経営視点で考えます。(2022/5/23)

Mayo Clinicが挑戦 ゲーミフィケーションによる従業員教育【後編】
医療機関がゲーミフィケーションで育成目指す“今のリーダーに足りない力”とは
米国医療機関Mayo Clinicは、人材多様性の拡大と受容を重視したマネジメント能力育成を目指して、研修にゲーミフィケーション手法を取り入れた研修システムを採用する。この研修システムが目指している到達点は。(2022/5/6)

政府の「デジタル推進委員」制度案判明 任期は1年、給与はなし 高齢者ら支援
高齢者らデジタルに不慣れな人向けに講座を開くなどして支援する政府の「デジタル推進委員」の制度の概要が分かった。無休で任期は原則1年で5月下旬から募集を開始。専門家による研修を経てデジタル庁が認定する。(2022/4/27)

Mayo Clinicが挑戦 ゲーミフィケーションによる従業員研修【前編】
医療機関が人材育成に「ゲーミフィケーション」を採用した理由
米国医療機関のMayo Clinicは、従業員研修にゲーミフィケーションの手法を採用しようとしている。この研修システムの特徴は双方向コミュニケーションとチーム育成を重視している点だ。ユーザーの反応は。(2022/4/22)

標的型攻撃メールを疑似体験し、ランサムウェア攻撃への対応力を強化――ラックが新研修サービスを開始
ラックは、従業員のセキュリティリテラシーを高める教育プログラム「標的型攻撃メール訓練 T3 with セキュリティ教育」の提供を開始した。ランサムウェア攻撃を疑似体験するメール訓練とフォローアップする研修をパッケージで提供する。(2022/4/22)

Transport Dive:
AR/VRを研修に導入した「不人気業界」 人材採用で起きた変化とは
アメリカのトラック業界で整備技術者育成のためのAR/VRの活用が進んでいる。インタラクティブで実施的に学べるテクノロジーの導入で「汚い」(dirty)、「油っぽい」(greasy)イメージを覆すのが狙いだ。(2022/4/21)

何から始めればいい?:
“男性も育休を取得しやすい職場”の作り方 法改正の整理から研修のポイントまで
出産・育児などによる労働者の離職を防ぎ、希望に応じて男女ともに育児などを両立できるようにするため、2020年6月に育児・介護休業法が改正されました。(2022/4/20)

VR店舗・仮想空間で研究……活用進む 感染症対策や効率化 企業に利点多く
最近では、感染症対策や効率化の一環で研修やインターネット通販に導入する企業が増加。“よりリアルな体験”は、ビジネス用途で一気に普及が進みそうだ。(2022/4/18)

VR店舗・仮想空間で研究……活用進む 感染症対策や効率化 企業に利点多く
VRやメタバースの利用がビジネス分野で広がってきた。これまではゲームや音楽といったエンターテインメント分野での活用が先行してきたが、最近では、感染症対策や効率化の一環で研修やインターネット通販に導入する企業が増加している。(2022/4/18)

非デザイナーも知りたいデザインの基礎、エイチームが社内研修資料を公開
エイチームが、デザインに関する社内研修資料を公開した。デザイナー以外の職種も対象に、デザインの基礎的な考え方を説明。「デザイナーと一緒に働く人や、デザインに興味がある人の役に立てるのでは」という。(2022/4/14)

IT業界の女性活躍に必要なこと【前編】
IT業界で働く女性が困る「研修不足」以外の“あの問題”とは?
専門家は、全世界の労働人口に占める女性の割合が低いことを課題に挙げ、IT業界で女性がキャリアを積むための支援策が重要だと指摘する。調査を基に、IT業界で女性活躍を阻む障壁を探る。(2022/4/14)

省エネ:
大和ハウス、国内研修施設が米国の環境認証3種を同時取得
大和ハウス工業の研修施設「大和ハウスグループ みらい価値共創センター」が、米国のGreen Business Certificationによる環境認証「LEED」「WELL」「SITES」を同時に取得した。(2022/4/8)

高まる内定者フォローの重要性:
“やらされ感”はアウト! 若者を引き付ける「オンライン研修」の模索
人手不足で内定者フォローの重要性が増している。一方、感染拡大などの影響でリアルな場に内定者を集めるのは難しい。社内イベントと研修のオンラインサービス「バヅクリ」には、内定者フォローの依頼が増えている。(2022/3/30)

リーバイスのAI教育【後編】
リーバイスが「AIブートキャンプ」から得た“期待以上の成果”とは?
リーバイスの「AIブートキャンプ」は大人気のAIスキル研修だ。狭き門をくぐり抜けた受講者のその後の活躍ぶりについて、同社責任者が語った。(2022/3/29)

「響く」セキュリティ研修の作り方【後編】
セキュリティ研修の内容はこの「4つのトピック」で成立する
セキュリティ研修の成否は情報の伝え方に加え、そもそも「何」を伝えるかで決まる。実はカバーすべき内容はそれほど多くなく、4つのトピックを取り上げれば大丈夫だ。どのようなものなのか。(2022/3/29)

三井化学、独自のDX人材育成プランで専門人材を社内育成
三井化学は、NECとアビームコンサルティングの協力を得て、同社独自の研修コンテンツを作成した。2025年度までに専門人材165人の育成を目指す。(2022/3/25)

リーバイスのAI教育【前編】
リーバイスの「AIブートキャンプ」とは? 狭き門を突破し、参加するには?
リーバイスのAIスキル研修「AIブートキャンプ」に参加するのは簡単ではない。参加定員100人に対し、これまでに約450人の従業員が応募した。そもそもAIブートキャンプとは何なのか。同社責任者に聞いた。(2022/3/22)

「響く」セキュリティ研修の作り方【中編】
セキュリティ研修で従業員の心をつかむために欠かせない4つのポイント
せっかくセキュリティ研修を実施しても、内容が退屈であれば、参加者は熱心に耳を傾けない。学びたくなる研修プログラムを作るための、4つのポイントを紹介する。(2022/3/22)

ニューノーマルを勝ち抜く事業戦略:
ラインマンの育成術や電設業界の課題をETSホールディングス 東北送電事業部が解説
送電線の建設と点検に従事するラインマンの数は、全国で約1万人に上るが、そのうち、鉄塔に登って作業する人は約5700人で、電線に乗り出して作業する人は約3200人にとどまり、業界では人材不足が問題となっている。解決策として、ETSホールディングスは、新入社員の研修や労働環境の改善に注力している。(2022/3/25)

「響く」セキュリティ研修の作り方【前編】
セキュリティ研修を「めんどくさい義務」から「有意義な時間」に変えるには
攻撃を防ぐために重要だが従業員にはあまり人気がないセキュリティ研修。その内容や情報の伝え方に工夫を凝らせば、学習効果を高め、セキュリティの強化につなげられる。どうすればいいのか。(2022/3/15)

抽選でAmazonギフト券が当たる
「ニューノーマル時代の教育・研修実態と課題」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2022/3/15)

凡人エンジニアが経営コンサルタントに生まれ変わるまで(8):
胸に刻んだ「現場を持たないコンサルタントに価値はない」という言葉
ある大手メーカーのエンジニアが、さまざまな紆余(うよ)曲折を経て、新たなキャリアとして経営コンサルタントになるまでのいきさつを描く本連載。第8回は、1年間のコンサルティング研修を終え、全社に学んだことを広めていく中で起きたことを紹介する。社長への直訴で、なぜ「現場を持たないコンサルタントに価値はない」と言われたのか……。(2022/3/9)

顧客コミュニケーションに「UCaaS」を生かす【前編】
Zoomを使っていた“固定電話依存”の企業が「UCaaS」を導入した理由
ITスキル研修を手掛けるLearning Peopleは、パンデミックにおける顧客とのやりとりにUCaaS「Avaya Cloud Office」を利用している。「Zoom」を利用していた同社が、なぜUCaaSの導入を決断したのか。(2022/3/9)

調査から読み解く英国のデジタルスキル人材不足【後編】
「うちの研修は効果がある」と管理職の8割が自慢、うなずく社員は4割以下
従業員のスキル開発に関する調査の結果、管理職と一般職の間に意識の差があることが分かった。調査結果を基に、どのような観点にずれがあり、企業は今後従業員のスキル不足にどう対処すべきなのかを解説する。(2022/3/9)

導入事例:
施工現場再現した実習棟、現場管理技術者向け「体験型研修施設」開設
高松建設が、施工現場を再現した実習棟を備えた「体験型研修施設」を大阪機材センター内に開設。新たに施工現場を再現した実習設備を使用しての現場実務研修を可能とし、現場係員の知識やスキルの習得レベルの均一化をはかり、即戦力となる建設技術者の育成の場として活用していく。(2022/3/7)

転職者は不安でいっぱい
リモート入社時研修が労使双方に与える苦悩 大量退職を避けるには?
時節柄、入社時研修もリモートで実施されるようになり、新入社員や中途採用者は困難な状況に立たされている。これは人事担当者にとっても同じだ。両者が抱える課題、「大量退職」を生まない対策とは何か。(2022/2/24)

「勤務先がテレワーク想定の防災対策をしている」テレワーカーは3割程度 迅速な対応を
「勤め先がテレワークを想定した防災対策の実施している」と答えたテレワーカーは30.7%──企業向け研修事業などを手掛ける識学(東京都品川区)は、そのような調査結果を発表した。「実施していない」と答えた人は50.7%、「分からない」と答えた人は18.7%に上る。(2022/2/22)

約7割が「転職後に後悔」:
求人情報で「怪しい」と感じたワード 3位「ノルマなし」、2位と1位は?
従業員向け研修などを展開する識学が、「中途採用に関する調査」を行った結果、転職後に「こんなはずではなかった」と感じている人が約7割いることが分かった。(2022/2/21)

DXにノーコードは役立つのか? 正しい使い方の理想と現実
東京都の大規模なデジタル人材育成計画の中には、DXに向けたノーコード・ローコードツールの活用研修もある。DXを進める上でノーコードはどう使うと役立つのか、専門家の2人に聞いた。(2022/2/18)

凡人エンジニアが経営コンサルタントに生まれ変わるまで(7):
「エンジニア的発想」と「コンサル的発想」の違いとは
ある大手メーカーのエンジニアが、さまざまな紆余(うよ)曲折を経て、新たなキャリアとして経営コンサルタントになるまでのいきさつを描く本連載。第7回は、1年間のコンサルティング研修で学んだ「エンジニア的発想」と「コンサル的発想」の違いについて紹介する。(2022/2/9)

電子ブックレット(BUILT):
2021年上期の注目施設内見、屋内で消火体験できるビル管理研修棟など
ウェブサイトに掲載した記事を印刷しても読みやすいPDF形式の「電子ブックレット」にまとめました。無料のBUILT読者会員に登録することで、ダウンロードすることができます。今回のブックレットは、2021年上半期に竣工または開業した特徴ある民間施設の内覧会ピックアップです。(2022/1/25)

炎上、美人局に気をつけろ! プロ野球「新人研修会」SNS編 新庄監督はメディア戦略で巧みに活用
プロ野球「新人研修会」が開催されたが、ルーキーたちはSNSの活用術にくぎ付けだったという。日本ハム・新庄剛志監督も若手への叱咤激励に用いるなど今やなくてはならないツールだが炎上や美人局など悩ましい事情もある。(2022/1/14)

凡人エンジニアが経営コンサルタントに生まれ変わるまで(6):
人は何かに体当たりしなければ、変わることはできない
ある大手メーカーのエンジニアが、さまざまな紆余(うよ)曲折を経て、新たなキャリアとして経営コンサルタントになるまでのいきさつを描く本連載。第6回は、コンサルティング研修プロジェクトチームに参加した時に直面した2つの課題と、それらにどのように向き合ったかについて紹介する。(2022/1/12)

テレワークのオペレーター養成のポイント【後編】
コンタクトセンターのリモート研修、成功に導く7つのヒント
コロナ禍を背景に、コンタクトセンターの管理者はエージェントにリモートで仕事を教える方法を習得しなければならなくなった。リモート研修を成功させるヒントを7つ紹介する。(2022/1/6)

2021年、企業が無償公開した新人エンジニア向け研修資料 機械学習やゲーム開発、AWS入門、数学などさまざま
2021年も、さまざまな企業が自社の社内研修資料を無償公開したことが話題になった。2021年に無償公開した、企業の社内研修資料を取り上げた記事を紹介する。(2021/12/24)

「対面で実施を希望する」が7割以上:
「入社式や新入社員研修がオンラインだと不安」が67.3% 学情が「入社式・新入社員研修」に関する調査結果を発表
学情は、2022年4月に入社を控える新社会人を対象とした「入社式・新入社員研修」に関する調査結果を発表した。対面での入社式や新入社員研修を希望する人が7割以上いることが分かった。(2021/12/21)

400人強に調査:
入社式は「リアル」と「オンライン」どちらを希望? 2022年入社に聞いた結果
就職情報サイトを運営する学情(東京都千代田区)は12月20日、「入社式・新入社員研修」に関するアンケート結果調査の結果を発表した。オンラインとリアルのどちらを希望しているのか。(2021/12/20)

研修とは“真逆”のアプローチ:
研修で不正は防げない!──「コンプラなんて他人事」の社員を変えるものとは
研修を実施し、社員のコンプラ意識を向上させる──多くの企業が実施しているコンプラ施策だが、これだけでは、不正を必ずしも防ぎきることはできない。社員を変える、研修とは“真逆のアプローチ”とは。(2021/12/8)

「空気を読む」を逆手に取って社内のITリテラシー向上 Cygamesが実践した4つの工夫
研修も監査もITリテラシー向上効果が薄かったCygames。そんな同社がリテラシー向上に成功したのは、ある取り組みで社内の“空気感”を変えられたためという。Cygamesが進めた取り組みとは。(2021/12/3)

「スクショで共有」はなぜだめなのか freeeがアクセシビリティー研修の資料を無償公開
freeeが、社内で実施している「アクセシビリティー研修」の資料を無償公開した。ITエンジニアやデザイナーなどさまざまな職種にアクセシビリティー向上の必要性やテクニックを解説したもので、採用活動の一環として公開したという。(2021/12/1)

調査を実施:
「忘年会の開催」と「忘年会の費用をボーナスで支給」のどちらがいいか 社員に聞いた結果は?
業員向け研修などを手掛ける識学(東京都品川区)が「会社の忘年会に関する調査」を実施した。社長と社員で忘年会に対する考え方の違いが浮き彫りになった。(2021/11/30)

理研が不正アクセス被害、1万4000件の個人情報が流出か 指摘済みの脆弱性を悪用される
理化学研究所は、職員の研修などに利用している学習管理システムが不正アクセスされ、1万4000件の個人情報が流出した可能性があると発表した。(2021/11/5)

キャリアニュース:
ニューノーマル新入社員の働く価値観を分析
日本能率協会マネジメントセンターが「イマドキ新入社員の仕事に対する意識調査2021」の結果を発表した。「新人研修はオンラインが主流だった」と約65%が回答し、「報告、連絡、相談」については、70%が「対面」が効果的と考えていた。(2021/11/4)

ソニー、社員に独自のAI研修 講師も社員 事務職含む4万人対象
ソニーグループは、国内の社員約4万人を対象に、eラーニングを使ったAIリテラシー研修を導入したと発表した。社員が講師を務める。(2021/10/28)

コールセンタースタッフの研修効果を高めるヒント【第4回】
「オンライン研修」だけでは駄目 “学んで楽しめる研修”をどう作るか
コールセンタースタッフの研修効果を高める方法を紹介してきた本連載。最終回は、オンラインだけでなく多彩な研修方法を取り入れた方が効果的な理由を紹介する。(2021/10/19)

人事の95%がオンラインOJTの難しさを実感 約7割が「対面時より研修効果が出づらい」
 オンライン学習プラットフォーム「UMU」を展開するユームテクノロジージャパン(東京都港区)は、研修担当の人事111人を対象に「人事担当者のオンラインOJT」に関する意識調査を実施した。その結果、95.5%の人事担当者が新入社員へのオンラインOJTの難しさを実感していることが分かった。(2021/10/15)

何を変えるべきなのか:
セクハラ研修の「形骸化」問題を考える 本当に不祥事を防ぐ、質の高い研修とは?
コンプライアンス研修を実施していても不祥事が発生してしまうのは、企業として伝えたいメッセージが従業員に届いていなかったためといえる。質の高いコンプライアンス研修の在り方とは。(2021/10/15)

コールセンタースタッフの研修効果を高めるヒント【第3回】
コールセンタースタッフ研修の「KPI」の決め方
コンタクトセンタースタッフ向けの効果的な研修を実施するためには、KPIの策定や、成長段階に合わせた研修の実施が重要だ。どのように対処すべきかを解説する。(2021/10/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。