ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「経営」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

大戸屋、直営店10店を閉店へ 経営改善計画を発表、地域や客層に合わせたメニュー展開
全国一律だった店舗やメニューを見直し。(2020/2/28)

2020年がターニングポイントに?:
スマホ決済の勝者はこのまま「QRコード決済」になるのか? 一筋縄ではいかないこれだけの理由
キャッシュレスブームの主役ともいえるスマホ決済。ヤフーとLINEが経営統合を発表し、一方ではメルカリがOrigamiを買収するなど再編の動きが進む。業界「内」の淘汰は進むが、業界「外」にまだまだ強敵がいるようで……。(2020/2/28)

新型コロナウイルス関連で初の経営破綻 西浦温泉の老舗旅館「冨士見荘」
中国人ツアーの受け入れに注力していたとのこと。(2020/2/25)

「データリテラシーによる人への影響」調査:
データを資産と認識しているが、データを活用した意思決定をする従業員が少ない アクセンチュア
アクセンチュアとQlik Technologiesが実施した「データリテラシーによる人への影響」に関する調査の結果によると、多くの企業がデータに基づいた経営戦略を実践したいと考えているのに対して、従業員はデータから価値を生み出すのに十分な能力を持っておらず、ギャップが生じていることが分かった。(2020/2/25)

人事ジャーナリスト・溝上憲文の「経営者に告ぐ」:
未払い残業代の「時効延長」で悲鳴上げる経営者たち――セブン問題の再発防げるか
ベテラン人事ジャーナリストの溝上憲文が、人事に関する「経営者が対応すべき施策」を提言する。今回は4月から施行される未払い残業代の「時効消滅期間」延長について。原稿の2年から5年にまで延びてしまうと、労働者に支払う残業代が莫大な金額になってしまう――。経営者はどんな対策をすべきなのか?(2020/2/21)

自然エネルギー:
「びっくりドンキー」が再エネ100%電力を活用、アーバンエナジーが電力供給
JFEエンジニアリングの100%子会社であるアーバンエナジーが、アレフが経営する「びっくりドンキー」稲毛海岸店および同社経営の食品加工工場に再エネ比率100%の「ゼロエミプラン」の供給を開始した。(2020/2/21)

ポスト・メイカームーブメント(1):
「ひとりメーカー」Bsizeが生き残ったシンプルな理由
2010年代に起きた「メイカームーブメント」を振り返るとともに、2020年代に始まる「ポスト・メイカームーブメント」の鍵となる企業や技術、コミュニティーを紹介する連載。ハードウェアの量産や経営に苦労するスタートアップがいる中、モノを作り続け、成長につなげることができているのはなぜか? 日本のメイカームーブメントの先駆けとして知られ、当時「ひとりメーカー」としてメディアにも大きく取り上げられた、Bsizeの八木啓太氏にお話を伺った。(2020/2/21)

特集:継続的に儲けるための「セキュリティバイデザイン」入門(1):
DX時代の今、経営層やエンジニアに問い直す、「セキュリティ対策」と「セキュリティバイデザイン」の意義とは
近年の複雑化、多様化するサイバー攻撃を迎え撃つセキュリティ対策は、迅速なサイクルを回す開発が求められるデジタルトランスフォーメーション(DX)の阻害要因になるのではという意見もある。その中、DXとセキュリティの両立に有効なのが「セキュリティバイデザイン」だ。では、企業がセキュリティバイデザインに取り組む上で、どのような課題があるのか。(2020/2/17)

ラグジュアリーカード、エントリー向け金属カードを準備中
金属製カードで発行を伸ばすラグジュアリーカードは、女性富裕層や若手経営者といったターゲットを開拓するために、20年は新カードも投入する。年会費5万円以下のエントリーレベルカードと、20万円以上のさらに上位グレードのカードだ。(2020/2/13)

「サイバーセキュリティ保険」を賢く契約する【前編】
いまさら聞けない「サイバーセキュリティ保険」とは? メリットと課題を解説
「サイバー攻撃は経営に直結する重大なリスクだ」という認識が広がりつつある中、にわかに注目を高めているのが「サイバーセキュリティ保険」だ。どのような保健なのか。契約前に確認すべき注意点とは。(2020/2/13)

今日のリサーチ:
バレンタインデーに仕事関係でチョコレートをもらうと「うれしい」より「お返しが大変」――経営者JP調べ
バレンタインデーにおいて社内や取引先でチョコレートなどを渡すことにつき、「必要ないと思う」と回答した人が7割を占めました。(2020/2/12)

インバウンドにも影響:
新型コロナウイルスが経営を直撃 「中国人宿泊なら予約キャンセル」「50年間商売してきて初めて」の声
新型コロナウイルスが経営にマイナス影響を与えている。大阪商工会議所が緊急調査の集計結果を発表。会員企業が回答した被害の実態とは。(2020/2/10)

「DX銘柄」の選定基準が示唆するもの:
もう投資家からも許されない「経営者のITに対する“無理解”」
「AIを使って何かやれ」「ウチもクラウドを使え」といった戦略なき要請が、企業として許されなくなる日が、既に到来している――経済産業省と東京証券取引所が実施する「DX銘柄 2020」。その選定基準において、日本企業のIT活用における根本的な問題が、改めて強く問い直されている。(2020/2/12)

製造マネジメントニュース:
日本製鉄が4900億円の損失計上で高炉を追加休止、経営刷新に向けDX推進部も新設
日本製鉄が、2019年度の通期業績見通しで単独営業損益が1300億円の赤字(在庫評価差除く)となり、子会社も含めた減損などにより4900億円の損失を計上することを発表。厳しい経営環境に対応するため、日鉄日新製鋼の呉製鉄所の全設備の休止をはじめとする新たな生産設備構造対策と経営ソフト刷新施策について発表した。(2020/2/10)

『嫌われる勇気』著者の仕事術(後編):
『嫌われる勇気』著者、アドラー心理学の第一人者が語る組織論「部下を思い通りに動かそうとするのは間違い」
国内累計208万部、世界累計485万部の大ヒットを記録している『嫌われる勇気』。続編の『幸せになる勇気』との合計部数は世界で600万部を突破し、21世紀を代表するベストセラーになっている。この二部作を、仕事の悩みを解決するために読みたいと考える人は、少なくないだろう。後編では、経営者や管理職向けにアドラーの思想を正しく読み解いてもらい、部下をマネジメントする上でのヒントを提示してもらった。(2020/2/8)

前澤友作氏、総額100億円のファンド設立 起業家10人に10億円ずつ出資 ZOZO時代のノウハウ生かして支援
前澤友作氏が総額100億円のファンドを設立すると発表。ビジネスプランの審査を行い、通過した10人が経営する会社に10億円ずつ投資する。応募の受付期間は2月7日〜16日。(2020/2/7)

製造マネジメントニュース:
第4次産業革命に関する経営者意識調査、日本は「社会課題解決」への意識が希薄
デロイト トーマツ グループは、第4次産業革命に関する国内外の経営者の意識調査結果を発表した。世界の経営者は、第4次産業革命を通じて、経済価値と社会価値の同時創出を追求する傾向にあるという。(2020/2/7)

白熱の経済論戦:
村上世彰に森永卓郎の息子が聞く「日本の経営者に必要なこと」――株主がガバナンスを利かせ
旧「村上ファンド」の代表を務め、「モノ言う株主」としても知られた村上世彰。現在の日本経済や経営者に対してどのような考えを持っているのか。森永卓郎の長男で、経済アナリストの森永康平が直撃した。(2020/2/6)

法律、プライバシー、人権問題:
PR:DX時代に必要となる新しいビジネスリスクにどう立ち向かうべきか
データとテクノロジーを活用して、新たなビジネス価値を生み出す「デジタルトランスフォーメーション」(DX)が企業の重要な経営課題となる一方、ビジネスの基盤となるシステムの「セキュリティ」を確保する難しさは急速に増している。NEC サイバーセキュリティ戦略本部 セキュリティ技術センター センター長を務める淵上真一氏に、DX時代のセキュリティ対策に必須とされる「Security By Design」の考え方と、それに向けたNECの取り組みを聞いた。(2020/2/7)

花王はなぜ「脱FAX」に本気なのか――「草の根のサービス改善」がつなぐデータ経営への道
全国5000店との取引で「FAX一掃」を宣言した花王。大手日用品メーカー企業が、令和の今、なぜ脱FAXなのか。取引先を巻き込んだデジタル変革を目指す花王の狙いを取材した。(2020/2/6)

IBM調査から読み解く「データ活用戦略の一般原理」(前編):
DX後進国・日本、価値創出事例から「アウトカム型のビジネスモデル」を考える
「IBM グローバル経営層スタディ日本版」が発表された。世界と日本の経営層のデータ活用に対する意識の違いが明らかになった。そもそも「どのようなデータを収集すべきか」が定まっていない企業が多いのはなぜか。(2020/2/4)

ナイキやディズニーを経てギター最大手のCEOへ プロ経営者が見た音楽市場の“特異性”
ギター大手フェンダーCEOのアンディ・ムーニー氏は、ナイキのCMO、ディズニーコンシューマープロダクツやクイックシルバーで社長、会長を務めた経歴を持ち、ギターコレクターでもあり、バンドマンでもある。フェンダーにとどまらず、エレキギターを中心とした楽器、音楽市場の分析や業界のこれからについて伺った。(2020/2/4)

Weekly Memo:
セキュリティだけじゃない、企業はデジタルリスクにどう対処すればよいか
デジタルリスクといえばセキュリティやプライバシーのことだと思われがちだが、実はもっと幅広く、企業経営に直結する話だ。果たして、どんなリスクがあってどう対処すればよいのか。(2020/2/3)

金融機関の1割はサイバー攻撃で大打撃 セキュリティ人材不足も浮き彫りに
日本銀行が金融機関を対象に行ったサイバーセキュリティに関するアンケートで、2017年以降、約1割の金融機関がサイバー攻撃により業務や経営に大きな影響を受けていたことが分かった。約6割はセキュリティ人材が不足している実態も明らかになっている。(2020/2/3)

シナジーを発揮できるか:
マツキヨとココカラが21年10月に経営統合へ 美と健康の分野でアジアNo.1を目指す
マツキヨとココカラが経営統合。美と健康の分野でアジアNo.1を目指す。どんなシナジーを見込むのか。(2020/1/31)

任天堂社長「PS5影響なし」 スイッチのソフトに自信、会見詳報
任天堂は31日、東京都内で経営方針説明会を開いた。古川俊太郎社長は今年末に「プレイステーション5」など競合他社の新モデル発売が予定されることについて、「対象とする客層が異なり、影響するとは考えていない」と強調した。(2020/1/31)

Pontaポイントは「選択制」に:
ドコモとリクルートが業務提携 リクルートグループのサービスで「dポイント」がたまる(2020年度第3四半期から)
NTTドコモとリクルートが、Webサービスに関する業務提携契約と、中小個店向けの業務・経営支援サービスの展開に関する基本合意書を締結。リクルートグループのWebサービスにおいて、2020年度第3四半期をめどに「dポイント」がたまるようになる他、一部の「Airペイ」加盟店でも2020年4月をめどにdポイントに対応する。(2020/1/30)

“ドンキ化”が進む:
「アピタ」と「ピアゴ」に新たな公式キャラクター「アピタン」が誕生 ユニーの50周年に合わせて
「アピタ」と「ピアゴ」に新たな公式キャラクターが誕生。リスをイメージした「アピタン」。ユニーの50周年と経営戦略の変化に合わせて作成。(2020/1/30)

「信者ビジネス」との批判に反論:
堀江貴文が“炎上上等”で「ホリエモン万博」開催に奮闘する理由――知られざる「六本木の衰退」に一石
ホリエモンこと堀江貴文がさまざまなイベントを同時多発的に開催する「ホリエモン万博」を2月1日、2日に東京・六本木で開催する。「赤字続き」だという万博の開催を続ける目的を堀江に問うと、経営者の高齢化などにより古き良き飲食店がなくなりつつあり、一部で衰退の兆しが見える六本木を、大人が楽しめる街として盛り上げることにあるという。堀江自身がその思いを語った。(2020/1/30)

4割は「なりたくなかった」:
管理職の業務・待遇、40〜50代の5割は「満足していない」 尽きない悩みの種は?
インバスケット研究所が発表した調査結果によって、悩みが尽きない管理職の実態が明らかになった。40〜50代の管理職の2人に1人が現在の仕事に満足していない。「経営層からのプレッシャー」「部下の育成」に不安・不満を感じている人が多いことが分かった。(2020/1/27)

製造業IoT:
PR:工場のIoT活用に立ちはだかる壁、OTデータの収集はどうすれば実現できるのか
製造業の生産現場におけるIoT活用で大きな課題になっているのが、各工場の装置や設備などから生成される「OT(制御技術)データ」の収集だ。散在するOTデータを、いかに安全・簡単に収集してIoT活用につなげ、経営に生かせるようにするにはどうすればいいのだろうか。(2020/1/27)

SalesforceとTableauを組み合わせたワンストップサービス、NTTデータが提供開始
NTTデータは、「Salesforce」と「Tableau」を導入する企業に対して、両サービスを組み合わせたワンストップサービスの提供を開始する。経営や業務の課題に対するコンサルティングから、ソリューション導入やカスタマーサクセス支援までを一元的に提供する。(2020/1/24)

「デザイン経営」が下請け企業を変える 目指すは世界市場
日本のものづくりを縁の下で支えてきた金属や樹脂、繊維加工などの下請け企業が、デザイナーらと協力し、自社ブランドを立ち上げて海外へ進出する−。そんな挑戦が町工場のひしめく大阪府八尾市で始まった。(2020/1/23)

【経営者目線】ゴーン被告の「ポルシェ」から違和感があった 尊敬する経営者と、見直されるオーナー経営
 レバノンに逃亡した日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告だが、「経営理念」の角度で経営者を見る私にとっては、過去にゴーン被告が、バイクと接触事故を起こした際、ポルシェに乗っていたことを知って以来、違和感を覚えていた。日産車を愛用するのが普通ではなかろうか。(2020/1/23)

ゴディバジャパン、Oracle EPM Cloudでグローバル連結会計システムを構築 経営体制の強化へ
ゴディバジャパンは、SaaS型管理会計・予算管理ソリューション「Oracle EPM Cloud」を導入し、新たなグローバル連結会計システムを構築した。グループ経営における意思決定の迅速化と高度化を図り、経営体制を強化する。(2020/1/23)

キャリアニュース:
「働き方改革法」調査、31%の企業が労働環境の改善を実感
人事向け総合情報サイト「人事のミカタ」が、「働き方改革法」についてのアンケート調査結果を発表した。働き方改革法により、経営に「支障が出ている」と対象企業の42%が回答。また、31%が労働環境の改善を実感していることが分かった。(2020/1/23)

【日航破綻10年】当時の経営陣は「八百屋の経営もできない」
「当初から会社更生法を適用させるべきだと考えていた」。国土交通副大臣として平成21年10月に政府が立ち上げた日本航空再建対策本部の事務局長に就任し、奔走した辻元清美氏は当時を振り返ってこう語った。(2020/1/22)

インスタ映えで客殺到の裏にアルバイト管理の苦悩……カフェ店舗経営の課題を解決したテクノロジー
インスタ映えで人気の「MIRlitonCafe」店長に聞く、シフト表作成の手間を大幅に減らしたテクノロジーとは?(2020/1/22)

【日航破綻10年】再建後の消極姿勢「全日空から首位を取り返す気がない」
日本航空が東京地裁に会社更生法の適用を申請し、経営破綻して19日で10年。3500億円という巨額の公的資金が投入されたが、業績のV字回復を果たし、東証1部に再上場して公的支援が終了した。経営再建の成功事例とされるが……。(2020/1/21)

「ニトリ神(しん)!!」「経営が心配になるレベル」―― 「お値段以上ニトリ」が本当にお値段以上だった実録漫画に反響
「保証」が手厚すぎる。(2020/1/21)

事例で学ぶ品質不正の課題と処方箋(7):
日本の製造業の「自信」と「信頼」の回復に向けて
“製造業における品質不正に対する処方箋”について、リスクコンサルタントの立場から解説してきた本連載。最終回では、品質コンプライアンスを適正に実現するための経営の在り方について解説します。(2020/1/23)

スマートファクトリー:
PR:工場スマート化の現在地を知る羅針盤で、確実で安全な航海を!
IoTやAIなどデジタル技術の波によって世の中がさまざまに変化する中で、製造業も大きな変革の時を迎えている。経営と工場の全体最適を実現するスマートな次世代ファクトリーをめざす動きも本格化しているが、そこで必要なのは自社がどのような状態にあるかを知る羅針盤と、そこからステップアップするための適切なソリューションだ。(2020/1/17)

日本鋳鉄管の実践事例を紹介:
PR:中小製造業のIoT活用に向けた“第一歩”、レガシーなITインフラの現実的な刷新手法とは
自社の工場内に置かれたサーバを、実質1.5人のIT部門が昼夜を問わずの対応で管理――。水道インフラ関連製品の製造を手掛ける日本鋳鉄管は、IoTの活用や経営の効率化に向けて、そのボトルネックとなっていた既存のITインフラを刷新。IT部門の業務効率化や、IoT活用の基盤構築を実現した、その段階的かつ現実的な手法とは?(2020/1/15)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
増加する「黒字リストラ」 垣間見える企業の苦しい“ホンネ”
2019年にリストラを実施した企業は27社に増加、人数も6年ぶりに1万人を超えた。注目すべきは、「黒字リストラ」事例の増加だ。業績が好調にも関わらず、企業が早期・希望退職を募った上場企業は、リストラ実施企業のうち、実に34.4%。これは40年前のGE的経営が日本にも広がっているのだろうか。(2020/1/17)

新連載 池田純のBizスポーツ:
ソフトバンク、楽天、DeNA ……IT企業とスポーツビジネス  “三社三様”の関わり方
スポーツとビジネスに詳しい池田純氏の新連載。昨今、IT企業が続々とスポーツに参入している。プロ野球ではソフトバンク、楽天、DeNAが球団を経営。他にはミクシィ、アカツキ、メルカリといった名だたる企業がスポーツ業界に参入し始めている。まずはプロ野球3球団の例から、背景を読み解く。(2020/1/16)

Oracle EPM Cloudで損益表作成が10日間から2時間に ビームスが「脱・表計算」
セレクトショップ「BEAMS」を展開するビームスホールディングスは、Oracleのクラウド型経営管理ソリューションを導入し、店舗と事業部の損益表作成業務を効率化して、早期開示を実現。経営層や事業本部長に精緻な経営指標をタイムリーに報告できるようになった。(2020/1/15)

MONOist×AUTOMOTIVE JOBS:
【最新版】自動車メーカーの経営安全性を比較!自己資本比率ランキング
最新の有価証券報告書をもとに国内自動車メーカー9社の自己資本比率を算出し、ランキングにしました。(2020/1/15)

製造業のデジタル変革:
PR:グローバル化と価値経営、製造業に迫る変化への「柔軟性」をどう獲得するか
グローバル化への対応や、価値経営へのシフト、デジタル変革など、製造業には多くの外的、内的の両面で変化への対応が強く求められている状況だ。こうした中で変化に柔軟に対応していくためには「土台となる基幹業務システムがますます重要になっています」と訴えるのが、ビジネスエンジニアリングである。なぜ基幹業務システムが変革の鍵になるのだろうか。同社の取り組みと新たな製造業のあるべき姿について紹介する。(2020/1/15)

「キャッシュレス・ポイント還元制度」も6月で終了:
スーパーマーケットの倒産、7年ぶりに増加 消費増税と競争激化で「地域密着型の独立系」が苦境
帝国データバンクは、2007年から19年のスーパーマーケット経営業者の倒産動向(負債1000万以上、法的整理のみ)について集計・分析した調査結果を発表した。19年のスーパーマーケット経営業者の倒産は30件(前年比42.9%増)となり、12年以来7年ぶりに前年比増加となったことが分かった。倒産した30社のほとんどが地域密着型の独立系スーパーマーケットだった。(2020/1/14)

台風や豪雨、雷、地震のDR/BCP対策の現実解
日本鋳鉄管が1.5人体制の情シスの業務内容をより高度に変革できた理由
上下水道用鋳鉄管の製造、販売を手掛ける日本鋳鉄管は、経営効率化やコスト削減に向けた取り組みが急務となる一方で、これを支えるITインフラに重大な課題を抱えていた。どのように課題を解決したのか。(2020/1/15)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。