連載
» 2014年07月09日 05時00分 公開

ギリギリまで動けない君の背中を押す言葉:子どもを幸せにする親は「自分のために働く」

つらそうに仕事をしている姿より、楽しんで仕事をしている姿を見る方が、子どもは幸せになるのです。

[千田琢哉,Business Media 誠]

連載「ギリギリまで動けない君の背中を押す言葉」について

『ギリギリまで動けない君の背中を押す言葉』

本連載は、イノベーション・クリエイターの千田琢哉著、日本実業出版社刊『ギリギリまで動けない君の背中を押す言葉』から編集転載しています。

踏ん切りが付かず、いつまでも行動を起こせないことがあります。

でも、「前例がないと不安」「過去の栄光にしがみつきたい」「世間体を捨てられない」「どちらを選べば良いか迷う」よりフライングしてでも「早くスタートする」人が成功するのです。

一歩を踏み出すために必要なのはほんの少しだけ勇気。3300人のエグゼクティブと1万人を超えるビジネスパーソンたちとの対話の中から、また流動性が高く、短期間で成果を求められるコンサルティング業の中から著者が得た知恵を元に、一歩を踏み出すための勇気を与え、背中を押す101の言葉からいくつかを紹介します。


「自分のためにのびのび」働いていると、
子どもが幸せになる。

「これから夢を追いかけるなんて」と諦めかけている君の背中を押す言葉

 子どもは親が自分たちのために働いていることに、一応は感謝する。

 だが、感謝を超えて感激と感動の電流が全身を走るのは、親が「自分のためにのびのび」と働いている背中を見せてくれた瞬間だ。

 最高の教育は、すでに生涯賃金を稼ぎ終わってもう働く必要がないのに、サラリーマンたちの何倍も楽しそうにバリバリ働いている姿を見せることだ。

 まさに趣味がそのまま仕事になっているか、仕事を趣味にしてしまうことに成功した人は、人生の勝ち組なのだ。

仕事を心底楽しんでいる大人を、子どもは素直に尊敬する。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ