ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「イノベーション」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「イノベーション」に関する情報が集まったページです。

モノづくり最前線レポート:
クラウド化をためらわない協和キリン、高崎工場のDXは1年半で大きな成果
アマゾン ウェブ サービス(AWS)のオンラインユーザーイベント「AWS Summit Online」に、協和キリンが登壇。「ライフサイエンス業界の規制に対応したクラウド活用最前線」をテーマに、全社ITシステムのクラウド化推進や、主力の高崎工場におけるデジタル化プロジェクトの成果について報告した。(2020/10/23)

人工知能ニュース:
KPIを予測し対応シナリオを自動提示、アクセンチュアの業務適用型AIサービス
アクセンチュアは2020年10月21日、AIエンジン基盤「AI HUB プラットフォーム」をベースに開発した、業務別に最適化されたAIが使える「AI Powered サービス」に6つの新規サービスを追加したことを発表した。AIがKPIの着地地点を自動予測し、取るべきシナリオを自動提示して経営意思決定を補助する「マネジメントコックピット」などが新たに利用可能となった。(2020/10/23)

ドラッグストアから地域コネクティッドビジネスへ :
サツドラ富山浩樹社長が語る「ウィズコロナ時代のチェーンストア戦略」
規模の追求という従来の基本戦略が機能不全を起こしつつある今、新時代のチェーンストアビジネス戦略はどうあるべきなのか――。サツドラホールディングスの富山浩樹社長に聞いた。(2020/10/23)

Gartner Insights Pickup(180):
クラウドのメリットを気に掛けていないCEOに投資を認めてもらうには
クラウドへの投資につながる財布のひもを握っているのは、CEOをはじめとした「非技術者」だ。こうした人たちに、クラウドの技術的なメリットだけをいくら訴えても効果は期待できない。(2020/10/23)

リテンションにつながるプロセス評価:
新規事業が生まれ、育つカルチャーをつくる NECの挑戦
NECは、カーブアウトやオープンイノベーションといった、外との共創の仕組みによる新規事業開発に積極的だ。新規事業が育ちにくい環境を変えるには、どうしたらよいのか。立役者に聞いた。(2020/10/23)

本田雅一の時事想々:
新型iPhoneは、スマホ市場のマンネリを打破できるのか
毎年、新しいiPhoneが発売され続けてきた結果、以前ほど市場の反応は敏感ではなくなってきている。iPhone、さらにいえばスマホ市場が成熟している中で、アップルはどのように“マンネリ”に対抗するのか。新iPhoneから考えを読み解く。(2020/10/22)

米Google提訴、日本での規制論議に影響も
米司法省が米Googleを独占禁止法違反で提訴した。日本も巨大ITへの規制について議論を行い、デジタル・プラットフォーマー取引透明化法を成立。今後は公正取引委員会が欧米に歩調を合わせて規制を強化するかどうかが焦点になるとの見方がある。(2020/10/22)

“宇宙エンタメ衛星”でどんな映像や写真が撮れるのか――ソニー、JAXA、東大のキーパーソンが語る
一般ユーザーが人工衛星のカメラを自由に操作し、宇宙から見た地球や遠い宇宙の画像、映像を撮影できるようになる——こんなプロジェクトをソニー、JAXA、東大が進めている。2022年に超小型の衛星を打ち上げる予定。3者のキーパーソンがCEATEC 2020で現状や展望を語った。(2020/10/22)

5Gビジネスの神髄に迫る:
NTT東日本に聞く、ローカル5Gの取り組み 地方創生に向け産学連携で自治体をサポート
ローカル5Gにはさまざまな事業者が参入しているが、現在のところ規模の面で最大手といえるのはNTT東日本ではないだろうか。固定通信のイメージが強いNTT東日本だが、実はWi-Fiを用いた無線通信は以前から手掛けている。同社にとってローカル5Gは、企業のネットワークのエンドポイントとして利用する無線通信ソリューションの1つに位置付けられる。(2020/10/22)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
中国デジタル人民元“最新事情”〜当面のライバルはアリペイとWeChat Pay
中国デジタル人民元の最新実証実験が、10月18日に終了した。デジタル通貨分野では他国に1年以上先行する中国が、いち早く舵を切ってきた動機は実は国内事情にある。ここでは世界のデジタル通貨事情とともに、中国の現状と構想を紹介したい。(2020/10/22)

量子コンピュータ上で動く量子化学計算クラウドサービス QunaSysが試験提供
QunaSysが量子コンピュータ上で量子化学計算を行うクラウドサービス「QunaSys Qamuy」の試験提供を始めた。(2020/10/21)

米司法省、Googleを独禁法違反で提訴 Googleは「ユーザーがわれわれを選んでいる」
米司法省がGoogleを独禁法違反で提訴した。検索および検索広告市場を不法に維持していると指摘。Googleは、この訴訟は「ひどい欠陥」があるとし、「ユーザーは強制されてではなく、自らGoogleを選んでいる」と主張する。(2020/10/21)

ソニー、2022年に人工衛星打ち上げへ 誰でも使えるカメラ搭載
ソニーは、JAXAや東京大学と協力して同社製カメラを搭載した人工衛星を2022年に打ち上げると発表した。一般の人たちが地上から操作し、撮影できるようにする。(2020/10/20)

製造マネジメントニュース:
評価技術で商品企画も支援、パナソニックを支える「プロダクト解析センター」
パナソニックは2020年10月2日、同社製品などの解析や科学的評価を担当する部門「プロダクト解析センター」の説明会を開催した。製品解析評価を行うだけでなく、各種解析技術を基盤に製品開発を促進させるための新技術、新材料の提案なども行う点を特徴とする。(2020/10/20)

ホームセンターとITを融合 カインズが仕掛けたデジタル戦略とその取り組み
カインズは、2017年にデジタル戦略本部を立ち上げた。「ホームセンター」と「IT」という全く異なる分野を融合して実績を出し続けるデジタル戦略本部の担当者に取り組みをきいた。(2020/10/20)

製造ITニュース:
デジタルトランスフォーメーション推進を支援する共創プログラムを提供開始
日鉄ソリューションズは、顧客のデジタルトランスフォーメーション推進を支援するデジタルイノベーション共創プログラム「Angraecum」の提供を開始した。(2020/10/20)

Weekly Memo:
GAFAに負けるな、DX企業を目指す富士通の研究開発の注力分野とは
「IT企業からDX企業への変革」を目指す富士通。研究開発においてはどの分野に注力していくのか。その取り組みからDXに求められるテクノロジーとともに、富士通の研究開発の行方を探ってみたい。(2020/10/19)

HP INNOVATION SUMMIT 2020 ASIA:
コロナ禍で再認識された3Dプリンタの価値、製造業の成長とイノベーション創出に欠かせない存在に
HPは、グローバルイベント「HP INNOVATION SUMMIT 2020 ASIA」をオンライン開催した。同イベントでは、HPが行ったデジタルマニュファクチャリング/産業用3Dプリンティングに関する調査レポート「HP Digital Manufacturing Trend Report」の内容に触れつつ、3Dプリンタをはじめとするデジタルマニュファクチャリング技術を活用するパートナー企業やユーザー企業を招き、ディスカッションが行われた。(2020/10/19)

「乗りものが苦手」な人に──VRで克服するトレーニングシステム「NaReRu」登場
乗りもの、大丈夫になれるかも。(2020/10/16)

HP INNOVATION SUMMIT 2020:
「変化は怖がるものではなく、前向きに捉えるもの」――HPが考えるイノベーションとこれからの世界
10月14日(現地時間)、米HPがグローバルサミット「HP INNOVATION SUMMIT 2020」をオンラインで開催した。同社が行っている最新の取り組みや今後について、幹部が語った。(2020/10/16)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
JR東日本がトヨタと組む「燃料電池電車」 “水素で動く車両”を目指す歴史と戦略
JR東日本がトヨタ自動車などと燃料電池を活用した試験車両の開発で連携する。業種の垣根を越えた取り組みは各社にメリットがある。JR東にとっては、次世代車両として燃料電池電車を選択肢に加え、最終目標のゼロエミッションを目指す一歩となる。(2020/10/16)

海外医療技術トレンド(64):
米国HIPAA規則改正にみる、医療プロセスのDX推進と個人健康記録保護のバランス
本連載第40回で、米国の退役軍人およびメディケア被保険者向け個人健康記録(PHR)に関わる「Blue Button 2.0」に触れた。今回は、PHRの将来を左右するであろうプライバシー規則であるHIPAA規則の改正動向を取り上げる。(2020/10/16)

Gartner Insights Pickup(179):
AIプロジェクトの予算計画を検討し直す際のポイント
COVID-19の影響で、イノベーションへの投資の抑制を検討する動きも見られる。AIプロジェクトの主要コストを見極め、予算超過を防ぐにはどうしたらいいか。3つの観点から解説する。(2020/10/16)

「安さ」は判断基準にならない?
「Zoom」「Teams」「Webex」使うならどれ? Web会議ツールの選び方
Web会議ツール「Zoom」「Teams」「Webex」のどれを使うかを決める際、利用料金は重要な選定ポイントにはならないと専門家は指摘する。何を基準に選べばよいのか。(2020/10/16)

WeWorkと渋谷区が連携 新たなワークスペースを区内に開業、スタートアップを誘致
WeWork Japanと渋谷区が、スタートアップ企業の誘致に向けて連携すると発表。渋谷スクランブルスクエアの最上階(45階)に新たなコワーキングスペースをオープンし、スタートアップに貸し出す。(2020/10/15)

ノキアがレポートを発表:
日本企業の5G導入度は「最も進んでいるレベル」
ノキア(Nokia)は2020年10月12日、5G(第5世代移動通信)関連の動向をまとめたレポート「5G Business Readiness」で、5G関連の産業が2030年までに世界のGDPを8兆米ドル押し上げる可能性があると発表した。また、日本企業の5G導入が世界的に見て進んでいることも明らかになった。(2020/10/15)

イノベーションのレシピ:
くら寿司はなぜ半年で非接触型サービスを導入できたのか
回転ずしチェーンを展開するくら寿司は、池袋サンシャイン60通り店に、入店から退店まで顧客が店員と対面することなく、すしの提供をはじめとするサービス提供が可能となる「非接触型サービス」を導入した。このような非接触型サービスの導入は「大手外食チェーンで初」(同社)だという。(2020/10/15)

車載電子部品:
走るクルマからトンネル内のボルトに無線給電、センサーがゆるみ具合知らせる
京都大学とミネベアミツミは2020年10月9日、会見を開き、無線給電技術を活用したトンネル内のインフラ点検の実証実験を開始すると発表した。(2020/10/15)

エキスパートが語り下ろすモダンマーケティングの論点:
大企業のDXはどうすれば前に進むのか
大規模開発から「早い・安い・使える」システム開発へ。保険業界において数々のデジタルシフトによるイノベーション事例を世に送り出した実績を持つ野呂健太氏が、大企業が変わるためのポイントについて語った。(2020/10/15)

グロービス経営大学院・吉田教授×ゼンアーキテクツ・三宅代表:
PR:失敗しないDX、専門家に聞く 難所攻略のカギは「現地現物」の実践とクラウド導入にあり
(2020/10/13)

理研、東大など4研究機関と共同研究:
富士通、量子コンピュータ実現に向け研究を本格化
富士通は2020年10月13日、オンラインで研究開発戦略説明会を実施。量子コンピュータの実現に向け、理化学研究所(理研)や東京大学、大阪大学、オランダのデルフト工科大学の4研究機関と共同研究を開始することを明かした。富士通研究所ICTシステム研究所量子コンピューティングプロジェクトのプロジェクトディレクター、佐藤信太郎氏は、「先の長い研究だが、この分野で共同研究先とともに世界をリードし、将来的に社会課題解決に貢献したい」と語った。(2020/10/14)

広島県がオープンデータプラットフォームを開設 企業間のデータ利活用を推進
広島県は、データ利用希望者と提供者をマッチングする「データカタログサイト」を公開した。モデル実証事業から得られたデータやメタデータをオープンデータなどで提供する。(2020/10/14)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
フジテック、聖域なきDXへの挑戦
難しいといわれる製造業のテレワーク。試行錯誤から得られた気付きやアドバイス、コロナ危機を乗り切るための情シスの役割について、フジテック デジタルイノベーション本部 常務執行役員 デジタルイノベーション本部長の友岡賢二氏が語った。(2020/10/14)

タブレットで教育どう変わる 端末1人1台 今年度中に配布へ
GIGAスクール構想の取り組みが新型コロナの感染拡大を受けて一気に加速している。既に端末の導入を済ませた埼玉県飯能市では、学習用端末の配布で授業中の時間のロスが削減できる他、実技科目の学習記録が動画で保存できるなどメリットを実感しているという。(2020/10/13)

イノベーションのレシピ:
「誰かのためのDIY」を後押し、パナの「D+IO」が目指す新しいモノづくりの輪
パナソニックは「他人のためのモノづくり」を促進するモノづくりプロジェクト「D+IO」を展開中だ。GitHub上に公開された「レシピ」を基に、役立つ電子工作デバイスを自作できる。これまでに「CO2換気アラートデバイス」と、ハムスターなどの健康管理が行える「小動物ヘルスケアデバイス」のレシピを公開した。(2020/10/13)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
進まぬ大企業のデジタル化、均衡が壊れた今こそ変革のとき――早稲田大学ビジネススクール 根来教授
デジタル化によって、既存企業の多くがビジネスモデルの変化を強いられている。しかし、デジタル化は時に既存ビジネスとの矛盾を生み、共食いをも余儀なくするケースがある。制約を抱えた既存企業はデジタル化にどう対応すればよいのか。(2020/10/13)

不正送金の“穴”:
なぜ被害を防ぐことができなかったのか ドコモ口座問題
NTTドコモの電子マネー決済サービス「ドコモ口座」など、スマホ決済サービスを利用した不正な預金引き出し問題は、発端となったドコモ口座と、連携させていた銀行にとどまらず、別の決済サービスや他の銀行など、数珠つなぎで被害が拡大した。(2020/10/12)

気になるのは:
タブレットで教育どう変わる 端末1人1台、配布へ 
学校教育のデジタル化を進める国の「GIGAスクール構想」の取り組みが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて一気に加速した。全国の大半の公立小中学校で、今年度中に全児童生徒へパソコンあるいはタブレット端末が1人1台配布される見通しだ。気になるのは……。(2020/10/12)

組み込み開発ニュース:
果物や野菜をつかむグリッパー向けの接触センサーユニット、配線構造は伸縮自在
大日本印刷は、果物や野菜など柔らかいものをつかむのに最適な柔軟な構造を持つ産業用ロボットのグリッパー向けに、伸縮自在な配線構造を持つ「接触センサーユニット」を開発したと発表した。(2020/10/12)

Ansys INNOVATION CONFERENCE 2020:
ガソリンエンジンからADASへ、マツダのモデルベース開発の広がり
アンシス・ジャパンは2020年9月9〜11日の3日間、オンラインイベント「Ansys INNOVATION CONFERENCE 2020」を開催。初日(同年9月9日)の「Automotive Day」の事例講演では、マツダ 統合制御システム開発本部 首席研究員の末冨隆雅氏が「自動車制御システムのモデルベース開発」をテーマに、同社のSKYACTIV技術の開発に貢献したモデルベース開発の取り組み事例を紹介した。(2020/10/13)

プリンス スマート イン:
プリンスホテル、AI技術を取り入れた次世代型ホテル開業
プリンスホテルは10月8日、ICTやAI技術を導入した新ブランド「プリンス スマート イン恵比寿」を開業した。デジタル世代の“スマートな滞在ニーズ”に対応したいとしている。(2020/10/10)

日銀、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の方針公表 2021年度に実証実験
日本銀行は10月9日、中央銀行デジタル通貨(CBDC)について取組方針を公表した。現時点ではCBDCを発行する計画はないが、今後の環境変化への対応のため準備が必要だとし、2021年度の早い時期に、技術的に実現可能かを検証する概念実証を行う計画だ。その後、必要と判断されれば、民間事業者や消費者も参加するパイロット実験も視野に入れる。(2020/10/9)

「Boards&Solutions」:
5GやエッジAIで進化する産業オートメーションがテーマ
産業オートメーションやスマートシティー、エッジコンピューティングをテーマとしたカンファレンス「Boards and Solutions 2020」が、2020年10月13〜14日にオンラインで開催される。オープニングでは、ArmのIoT部門でバイスプレジデントを務めるJohn Heinlein氏が、産業オートメーションにおけるイノベーションが、OT(運用/制御技術)とITの融合や、クラウド to エッジ向けのソフトウェア実装などによって加速しているというトレンドを取り上げる。(2020/10/9)

米IBM、クラウド部門などを分社化し新会社を設立へ 新会社はマネージドインフラに注力
米IBMが、クラウド部門などを分社化すると発表。2021年末までに新会社を設立するという。分社化の目的は、IBMのフォーカスをよりはっきりさせることだとしている。(2020/10/9)

進行する重大経済リスク 今すぐに会社改造に着手を
環境激変に対する本質的な組織能力を高める、いわゆる「コーポレートトランスフォーメーション(CX)」活動による会社改造が重要となる。(2020/10/9)

AWSで府省共通の「第二期政府共通プラットフォーム」が運用開始 行政サービスのDXを推進
政府は、各府省の情報システムを統合、集約した「第二期政府共通プラットフォーム」をAWS上に構築し、運用を開始した。ITガバナンスの強化、本格的な行政のデジタル化を通じて、各府省の俊敏性や行政サービスの向上を目指す。(2020/10/9)

新しい遠隔診療の可能性【後編】
医療従事者が“熱狂的ITユーザー”に 「仮想回診」導入病院で起きた変化
コロナ禍によって対面接触の機会を減らす必要が生じ、医療業界は「全く新しいワークフロー」を強いられている。COVID-19対策として「仮想回診システム」を構築した米国医療機関は、どのような変化に直面したのか。(2020/10/9)

電気自動車:
水素燃料を使う次世代鉄道、トヨタ・JR東日本・日立が共同開発へ
JR東日本、日立、トヨタが水素を燃料とする燃料電池と蓄電池を電源とするハイブリッドシステムを搭載した試験車両を共同開発すると発表。鉄道技術と自動車技術を融合し、環境負荷の低い新たな鉄道車両の実現を目指すという。(2020/10/8)

PR:グループウェアが指し示す、真のDX推進とコロナ対策を両立させる新たな気付き
テレワーク体制を構築しながら現場でのIT活用を推し進める、ということを考えたときに活用すべきツールこそグループウェアだ。スケジュール管理や会議室の予約などに使われているグループウェアだが、実はさまざまな可能性を秘めていることは知られていない。本記事では、DX時代やウィズコロナ・アフターコロナに適したグループウェアの知られざる活用法や、「企業の底力」を引き上げるヒントをお届けする。(2020/10/8)

政府と自治体、教育分野のデジタルトランスフォーメーションに注力 日本マイクロソフトが中期経営戦略を発表
2020年10月7日、日本マイクロソフトが2024年度までの中期経営戦略を発表した。(2020/10/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。