ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「不安」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「不安」に関する情報が集まったページです。

コロナ禍で企業のネットワーク活用に変化 5Gへの期待と不安――IDC調査
IDC Japanによると、新型コロナウイルス感染症の影響は企業ネットワークの導入/活用動向に変化を及ぼしていることが判明。クラウドシフトや5G、ワイヤレスファーストの導入/活用など、今後の企業ネットワークの在り方に影響する変化を推進する可能性が大きいという。(2020/10/27)

連載・デジタル時代の人材マネジメント:
「存在意義がなくなる」と不安、社内のデジタル化を阻むヒトたち 不安を解くには?
伝統的な日本企業がデジタル化を進めるには、2つの大きな課題に向き合わなければならない。どんな課題かというと……?(2020/10/20)

プレステ5に嫌がらせ対策でボイスチャットを録音・通報する機能 「会話内容は監視しない」
先のPS4のシステムソフトウェアバージョン8.00で録音・通報機能が明らかになり、一部で監視ではないかと不安視する声がありました。(2020/10/19)

接触確認アプリ「COCOA」応援漫画、なぜ無償で執筆? 作者の鈴木みそさんに聞いた
スマホユーザーがアプリに抱いているであろう不安感まで言及しながら、まっすぐ説明しています。(2020/10/18)

「直接面談」が内定承諾にプラスの意見も:
内定式も「オンライン」で 学生のホンネは?
10月に内定式に参加した学生のうち、56.6%が「オンライン実施」の内定式に参加したことが学情の調べで分かった。「画面越しに内定者と顔合わせができて、入社が楽しみになった」との声があった一方「一度も会社に行っていないので不安」との声も。(2020/10/12)

「仕事上のストレスや不安は上司よりもロボットに話したい」が68% 企業のメンタルヘルス対策が課題に
オラクル・コーポレーションと、Workplace Intelligenceは11カ国1万2347人(うち日本は1000人)を対象に、職場でのメンタルヘルスについて経営層と従業員の行動を調査。その結果、2020年は史上最もストレスが多い年となっていて、人々がロボットに支援を求める傾向が明らかになった。(2020/10/9)

デジタル社会に不可避の陥穽 国勢調査オンラインに感じた不安
インターネットで国勢調査に答える「国勢調査オンライン」は便利ではあったが、詳細な個人情報を記入する項目もあり、情報の扱いには不安を覚えた。デジタル化の効用を唱えるのもいいが、懸念も十分認識するべきだ。(2020/10/7)

上司と部下でギャップも:
リモートワークで不安を感じる人は77.3% その理由は?
リモートワークをしているビジネスマンの77.3%が不安を感じている――人材管理システムを提供するカオナビが実施した調査でそんな結果が判明した。(2020/10/6)

キャリア開発に有効か:
人事異動、肯定的に考えている人の割合は? 「考慮してほしいこと」の調査も
リクルートマネジメントソリューションズの調査によると、キャリア実現に不安を感じる人ほど、異動の条件や環境への考慮を希望していることが明らかになった。(2020/10/6)

解体市場のトレンド予測も解説:
改正法で急変する解体業界、施主とつなぐ「くらそうね」に“賠償保険”など無償の保証サービス
解体工事の一括見積もりWebサービスを運営するクラッソーネは、会社倒産や事故発生など、万が一の際、金銭的リスクの回避や工事停滞などの不安を解消する保証サービスを無償オプションで追加した。(2020/10/6)

法話を動画で お坊さんYouTuber、小池陽人・須磨寺副住職
真言宗須磨寺派大本山・須磨寺の副住職、小池陽人さんが動画サイト「YouTube」で配信する法話が人気を集めている。小池さんは「新型コロナ禍で多くの方が不安や悩みを抱える社会だからこそ仏教を伝えたい」と話す。(2020/10/5)

スピン経済の歩き方:
「唐揚げバブル」の行末に不安を感じる、2つの理由
コロナ禍で外食産業がダメージを受けているなかでも、「唐揚げ専門店」は好調だ。次々に新しい店が誕生しているが、筆者の窪田氏は「唐揚げバブル」を懸念している。どういうことかというと……。(2020/9/29)

MONOist/EE Times Japan/EDN Japan読者調査:
COVID-19でのコミュニケーション減に不安感、テレワークは「課題あり」が約8割
MONOist、EE Times Japan、EDN Japanのアイティメディア製造業向け3媒体は「新型コロナウイルス感染症のモノづくりへの影響に関するアンケート調査」を実施した。調査は2020年6月に続く3度目。前回に引き続き、テレワークを通じた社内外でのコミュニケーションや、業務の変化に関する悩みの声などが多数寄せられた。(2020/9/29)

クラウド時代のベンダーロックインを考える【中編】
クラウド選びで「ベンダーロックイン」が問題にならない“これだけの根拠”
クラウドサービスを選ぶとき、ユーザー企業はベンダーロックインを気にしなくなりつつあると同時に、クラウドベンダーもベンダーロックインの不安を解消するために工夫をしている。(2020/9/24)

「移り変わるIT環境に追い付けない」:
PR:1人情シスが感じる不安は? 調査で知る中小企業のIT管理の実態
従業員100人未満の企業に対して実施した調査結果から「ITの運用管理に集中できない理由」が見えてきた。こうした状況を変えるために必要なサービス、サポートとは何だろうか。(2020/10/8)

「納得して決めたハズなのに……」:
コロナで会えない就活生の“内定ブルー”は解消できるか 「学生に寄り添う」ビッグローブ人事部の挑戦
例年「内定ブルー」になる学生は多いという。ビッグローブは今年オンライン内々定者懇親会を開き、先輩社員と話す場や内々定者同士の交流機会を用意することで、学生の不安や懸念点の解消に努めている。オンラインでの懇親会は初めての試みで、思わぬハプニングや苦労もあったという。舞台裏を聞いた。(2020/9/23)

「PS5」、発売日と価格から見えてきたこと
ソニー・インタラクティブエンタテインメントが次世代ゲーム機「PlayStation 5」の発売日や価格を発表した。日本のゲームファンが抱いていた2つの不安を解消できたようだ。(2020/9/17)

労働者の「見捨てられ不安」:
「生産性という呪い」から逃れた先に待つ、新たな地獄とは
「生産性」に縛られる現代の労働者。そこには一種の「見捨てられ不安」があると筆者は指摘。この「呪い」から逃れた先に待つものとは。(2020/9/16)

小松みゆき、49歳での妊娠発表 長年の不妊治療を乗り越えるも「全く安心出来ない妊娠です」と不安明かす
2013年夏頃から治療開始。(2020/9/15)

お金の問題:
「老後に不安を感じる」83.8%、なぜ?
老後に不安を感じている人は、どのくらいいるのだろうか。20歳以上の男女に聞いたところ……。(2020/9/14)

「PS5」の発売お知らせサービス登場、アクセス集中でつながりにくく 「本番もヤバそう」と不安の声
「PlayStation 5」(PS5)の発売日などを知らせるメールサービスの登録ページが、アクセス集中でつながりにくい状態に。Twitterでは発売当日のアクセス集中を不安視する声も出ている。(2020/9/11)

志望校選び不安にさせない 高校受験、オンラインで説明会も
新型コロナの影響で、受験生向けの大規模な高校進学説明会が中止となるなど、各地で受験戦線に影響が出ている。学校選択の助けになるよう、動画配信やWeb会議ツールによる通話などで学校を紹介する取り組みが広がっている。(2020/9/11)

社員証をスマホアプリに:
手をかざすだけで入退室、タッチレスなデジタル社員証 NTT Comが提供、コロナ対策・コスト削減の需要狙う
NTTコミュニケーションズが、手をかざすだけで入退室できるデジタル社員証「Smart Me」の提供を始めた。ICカードリーダーに触れることへの不安を払拭でき、社員証の発行・管理、廃止にかかるコストも削減できるという。(2020/9/9)

テレワークへの不安に管理職と一般職で温度差 アデコの意識調査
緊急事態宣言下でのテレワーク中に不安を感じた点は、管理職が「部下の業務推進(業務実施状況)」(50.0%)「部下とのコミュニケーション」(49.3%)、だった一方で、一般職は「同僚との連携」(51.0%)、「自身の業務推進」(48.0%)、「会社の将来」(47.7%)だった。管理職と一般職の温度差が浮き彫りになっている。(2020/9/7)

Zoom、“上座表示”できる新機能が登場 「マナーが煩雑になる」と不安の声も
画面の並び順を自由にカスタマイズできる新機能。(2020/9/4)

リアルタイムOS列伝(5):
ArmマイコンのRTOSとして充実する「Mbed OS」に一抹の不安
IoT(モノのインターネット)市場が拡大する中で、エッジ側の機器制御で重要な役割を果たすことが期待されているリアルタイムOS(RTOS)について解説する本連載。第5回は、プロセッサコアIPベンダーのArmが独自に展開する「Mbed OS」を取り上げる。(2020/9/3)

「ムームーのいただきます」を見ていると不安に…… Eテレを素直に見られない保護者の漫画に共感集まる
こんなにきれいに食べられる子ばかりではない……。(2020/9/2)

ドアノブからの感染に懸念:
「職場に安心して行けない」47%――出勤時の感染不安、調査で明らかに
日経リサーチなどの調査によると、新型コロナウイルスの感染リスクを心配し、職場に安心して出かけられないと回答した人が46.6%だった。うち55.5%は1000人以上が勤める大規模な職場で勤務していた。ウイルスの付着に気を配っている場所は「ドアノブ」が61.5%と最多。(2020/9/2)

新型コロナ関連の脅威が3カ月で8倍超に トレンドマイクロ調査
トレンドマイクロが公開した最新のセキュリティ動向報告書によると、新型コロナウイルス感染拡大に伴う人々の恐怖や不安を利用する攻撃が大幅に広がっていることが分かった。(2020/9/1)

川口春奈、「エンポリオ アルマーニ」広告モデルに ジョルジオ・アルマーニが指名「強さとしなやかさを兼ね備えた女性」
川口さん「少し不安もありましたが、素直にうれしかったです」。(2020/8/27)

今の機械学習開発スタイルは時代遅れ
MLOpsで近代化する機械学習の開発ライフサイクル
機械学習の分野は自動化されておらずパイプラインは不安な、旧態依然とした体勢で運用されている。MLOpsを導入することで、機械学習の世界に産業革命をもたらすことができるという。(2020/8/26)

東京オリンピック・パラリンピック「中止すべき」が4割超 多くの人が感染拡大防止を強く意識
8月半ばの意識調査で、今なお強い感染への不安が明らかに。(2020/8/25)

くらし応援値下げ宣言:
カインズ、日用品中心に7200品目を値下げ コロナ禍の景気低迷に対応
ホームセンター大手のカインズは、生活用品などを中心に9月2日から約7200品目の値下げに踏み切る。新型コロナウイルス感染拡大による、経済不安を受けての判断。社内アンケートを行い、同社で扱う全商品の中から貢献度の高い商品を選定したという。継続的な値下げは初。(2020/8/25)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
金価格はバブルに突入? 価格の”ねじれ”史上最大に
金相場が史上初めて1グラム=7000円の節目を突破した。ここ10年の間、3500円から5000円のレンジでさまよっていた金相場は、コロナ禍による経済不安の高まりを背景に「有望な資金の逃避先」として人気が急上昇。金相場はわずか半年程度で一時7500円近辺にまで急騰した。(2020/8/21)

有終の美感が逆に不安 劇場アニメ「銀魂 THE FINAL」、空知先生描き下ろしの全員集合”卒業ビジュアル“が公開
まだだ……まだ最後だとは信じないぞ……。(2020/8/20)

太陽生命、新型コロナへの保障手厚くした新商品
 太陽生命保険は18日、新型コロナウイルスに感染した場合にかかるさまざまな費用を保障する個人向け保険を9月に発売すると発表した。新型コロナに関する保障に厚みを持たせることで、感染再拡大への不安を和らげる狙いだ。既存の入院保険と組み合わせて加入する必要がある。新型コロナの治療で入院した場合や死亡した場合に一時金として、従来の2倍の最大40万円を受け取れる。保険金は入院にかかる諸費用のほか、休業に伴う収入減の補填(ほてん)として使うことができる。(2020/8/19)

22年卒、8割が「入社先でテレワークを利用したい」 仕事の上で不安なことは?
就職情報サイトを運営する学情が行った調査で、2022年に卒業予定の大学生・大学院生のうち約8割が「入社先でテレワークを利用したい」と回答。多くの学生がテレワークの実施に前向きな一方、仕事の進め方や人間関係などで不安を感じる学生も多いようだ。(2020/8/18)

「大失業時代が来てしまうのか!」コロナ禍で続く雇用不安の中でも注目すべき企業の数字
緊急事態宣言中に業績を上げていた企業も。(2020/8/16)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
自分も切られる―― 加速する「人減らし」 コロナ禍を生き抜く、“人を守る”知恵
「そのうち自分も切られる」――正社員でもそんな不安を抱えている。企業の“人減らし”は、コロナ禍によってさらに加速している。そんな中、「働くこと」を守る取り組みも始まっている。雇用維持のために助け合える企業こそ、生き残っていけるのではないか。(2020/8/14)

神戸市と埼玉県、TikTokの利用を中断 市民から不安の声 広島県、東京都などは継続
神戸市と埼玉県が、安全保障上の理由でTikTokアカウントを停止した。市民から不安の声があったという。一方、広島県や東京都はTikTokを使った広報を継続する方針を示している。(2020/8/5)

「移り変わるIT環境に追い付けない」
1人情シスが感じる不安は? 調査で知る中小企業のIT管理の実態
従業員100人未満の企業に対して実施した調査結果から「ITの運用管理に集中できない理由」が見えてきた。こうした状況を変えるために必要なサービス、サポートとは何だろうか。(2020/8/3)

半数以上がCOVID-19に不安を抱きながらも出社 クアルトリクスが意識調査を発表
クアルトリクスの調査によると、COVID-19対策で在宅勤務を経験した人の4分の3が、現在はオフィスに出勤をしているという。ただし、その半数以上がオフィスの感染症対策が不十分のため、不安を覚えていると判明した。(2020/8/3)

リサーチ会社調査:
新型コロナへの不安度、「3月中旬レベル」まで再上昇――アンケートで判明
新型コロナの感染数が再び増加。不安を感じる人の比率も再上昇傾向に。3月中旬時の水準に近づく。(2020/7/30)

「感染者ゼロ」の市が公開した漫画に反響 「一人目になるのが怖い」リアルな市民の声に「安心して感染できるまち」目指す
感染者が少ない地域にも不安が……。(2020/7/22)

企業に新たな価値を与える新しいパートナーの形
失敗が許されない既存システムのクラウド移行をどう実現するか
クラウド移行を打ち出す企業が広まっている。だが、クラウド移行を推進する担当者は不安を感じるのが正直なところだろう。従来のITインフラとは異なる部分もある。どう取り組んでいけばいいのか。(2020/7/20)

「妊婦狙いの事件も多いと聞くので」 妊娠中のわたなべ麻衣、マタニティマークを付けることへの不安を吐露
「皆様どうされてますか?」の問いにファンからさまざまな意見が。(2020/7/11)

米移民局「オンライン授業のみの留学生は滞在認めない」方針発表
留学生から不安の声。(2020/7/7)

新型コロナが投げ掛けるプライバシー問題【第3回】
政府主導の「新型コロナ接触確認アプリ」には何の意味があるのか?
人の行動や体温に関するデータを分析し、新型コロナウイルス感染症の拡大を防止しようとする政府の試みには、プライバシー面の不安が伴うとの意見もある。各国はどう対処しているのか。(2020/7/7)

今日のリサーチ:
外出自粛による「孤立感」は案外低く「所有意向」は上昇 新型コロナによる意識変化――日本テラデータ調査
新型コロナウイルスと関連した消費者の不安、不自由、孤立、情報について日本の消費者を対象にした調査結果からハイライトを紹介します。(2020/7/6)

今日のリサーチ:
コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティング施策について不安やノウハウ不足を感じる」と回答しています。(2020/7/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。