連載
» 2016年11月03日 06時00分 UPDATE

赤坂8丁目発 スポーツ246:“ハンカチ王子”に再来年はあるのか (3/4)

[臼北信行,ITmedia]

屈辱感と疎外感を同時に味わった

 斎藤は浮き足立って少々高飛車になる傾向がある上に脇も甘い。それはこれまで再三に渡って写真週刊誌などでも現場を押さえられたりしている女優や女子アナとの密会疑惑や前出のポルシェ騒動といったスキャンダルが頻発する点を見れば誰に目にも明らかだろう。

 しかし、彼の投球スタイルから察せられるように基本的には頭のいい人間だ。指揮官が自身の能力を限界と見始め、周囲も“肩叩き”を始めつつあることを察してきている。そういう空気感を感じ取っているからこそ「来年もダメならば再来年はない」と自分を追い込む発言をしているのであろう。

 「ハワイV旅行も参加辞退しようとしているから、とにかく本気なのでしょう。くだんの“ポルシェ騒動”もあったり、リーグVの胴上げとビールかけに参加してひんしゅくを買ったり……。それでいてチームが日本一になったときの日本シリーズでも、何ひとつ貢献できていなかった。これ以上ない屈辱感と疎外感を同時に味わったことが彼のやる気を促しているのかもしれない。

 『来年こそは』というセリフはもう聞き飽きたが、『来年もダメならば再来年はない』という言葉は、言うならば引退覚悟を匂わす意味合いが強い。それぐらいの危機感をようやく覚えてくれたのならば、本当にこちらも『来年こそは』と信じたい。やってくれなければ困る選手であることは間違いないのだから」(球団関係者)

斎藤佑樹投手の成績(出典:NPB)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ