インタビュー
» 2018年10月17日 08時00分 公開

マツキヨのエナジードリンクが、たった1日で10倍も売れた秘密水曜インタビュー劇場(液色公演)(6/7 ページ)

[土肥義則,ITmedia]

棚で検証して、アイデアを出し続ける

乙幡: ご指摘の通り、そのような懸念を感じています。ただ、NBとPBの大きな違いを生かすことができるのではないかと考えています。どういうことかというと、当社には「棚」という強みがあるんですよね。商品開発の会議で「このような商品はどうか」「あのような商品はどうか」と議論を重ねていくのですが、答えが出ないことがあります。そうしたときどうするのか。棚で検証することができるんですよね。

 撤退リスクを考えて、とりあえず試験的に販売してみて、ダメだったら止める。売り上げが伸び悩んでいるようであれば、デザインを変えてみる。このような感じで、商品を開発して、販売して、売れ行きを分析する。在庫が何年もたまることがないように、フレキシブルに対応できることが強みなのかなあと。

土肥: 失敗を恐れずに、PDCAを回すことができるわけですね。

乙幡: あとは、アイデアを出し続けることがポイントかなあと。担当者だけで考えても限界があるので、店頭で働いている人などを巻き込まなければいけません。アイデアって巻き込んだ人の数に比例する部分があるので、たくさんの人に考えてもらって、常に新しいモノを出し続けなければいけません。

(終わり)

書籍&CDが出ました!

 ITmedia ビジネスオンラインの連載をまとめた書籍『バカ売れ法則大全』(行列研究所/SBクリエイティブ)が発売されました。本連載「水曜インタビュー劇場」の人気記事をピックアップして、大幅に加筆。また弊誌では掲載していない記事もご紹介しています。また、本連載をまとめた『ササる戦略』(三才ブックス)も発売していますので、合わせてどうぞ。

 さらに、水曜インタビュー劇場のMCを務める土肥義則のCDが発売されました。「全国経営者セミナー」での講演を収録していますので、ぜひビジネスのヒントに!


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -