ヒトオシ
インタビュー
» 2019年01月09日 06時30分 公開

“型破り”な人生:元プロ野球選手の古木克明さんが起業してまで成し遂げたいこと (4/4)

[伏見学,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

Baseball Surferは僕自身

 Baseball Surferとは、古木さんがハワイに行ったときにホームステイ先の主人から「Welcome,Baseball surfer!」と声を掛けられたことに由来している。野球選手でありながら、サーフィンが趣味だった古木さんは、ハワイに着くなりショッピングモールにサーフボードを買いに行くなど、ルームメイトからも「変わった野球選手だ」と珍しがられていた。

 古木さんはこのBaseball Surferという言葉をとても気に入っていて、まさに自分自身のことだと感じている。

 「サーフとは、漂うという意味。僕の人生そのもの。いろいろなことがあって死んだ方が楽だと本気で思ったこともありました。そういう辛い過去を乗り越えたからこそ、今ここにたどり着いたわけです。Baseball Surferもどこにたどり着くか分かりませんが、波に漂いながら本当に楽しい野球を探していきたいです」

 そしてまた、波乱万丈な人生を送ってきたことで、心に余裕を持てるようになったという。かつてプロ野球選手だったころは、すぐに成果を出さねばと焦るあまり、物事がうまくいかないことも多々あった。

 今は1つ1つ進んでいけば、道を見失わずに成長できると信じている。「良いものを世の中に伝えるためには、きっと時間がかかるんだろうなと思っています」。アスリートとして鍛え上げた大きな体でそう語る古木さんの心も、大海のように広く深いものになりつつある。

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.