クルマはどう進化する? 新車から読み解く業界動向
ニュース
» 2019年05月10日 11時45分 公開

普及価格帯の勝算:「テスラModel 3」日本上陸 スマホ的自動車は何をもたらすか? (3/7)

[斎藤健二,ITmedia]
ミラーの折りたたみはもちろん、微調整もタブレットを使い、ハンドルのコントローラで行う
窓のロックでさえ、タブレット操作。ちなみにライト操作やワイパーもタブレットだ。ライトはオートライト、オートハイビームが基本で、ワイパーもオートが基本のため、このようなユーザーインタフェースでもあまり不便がない(ハイビーム切り替えはハンドル左のウィンカーレバーでも行える)
テスラ自慢のオートパイロットの設定。Model Sまではハンドルコラムにオートパイロット専用操作レバーがあったが、Model 3ではハンドル右のシフトレバーを使う。P、R、N、Dという並びだが、Dより下に2回押し込むとオンになる仕様だという
エンジン始動は、専用のスマホアプリを操作するか、新たに用意されたカードキーをセンターコンソールに触れることで行う。Model Sまでは、キーを持って乗り込めば自動的に電源がオンになったが、手動に変更された。ひと手間かかるのが廉価版な感じもあるが、車に近づいただけで動作してしまうのが不便だという従来モデルオーナーの声もあったという

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ