なぜあの商品は売れた? 行列研究所が謎に迫る
インタビュー
» 2019年06月12日 08時03分 公開

水曜インタビュー劇場(旋風公演):行列ができた「ワークマンプラス」、その後どうなったのか? (4/6)

[土肥義則,ITmedia]

店名は「ワークマンパンツ」で

土肥: 分かりやすい陳列にチカラを入れているようですが、どのような商品が売れているのでしょうか?

土屋: ワークマンプラスの路面店で、どのような商品が売れているのか。5月分の数字を見ると、意外なモノが売れていることが分かってきました。ランキングをみると、トップ10のうち6アイテムが「パンツ」だったんですよね。

 アパレル業界にとって、パンツが売れるのはものすごくいいことなんです。上の服と下のパンツ、どちらをより多く買うのか。多くの人は上の服なんですよね。パンツを購入する機会は少ないわけですが、そのパンツを買えば「上のシャツはどうするかな?」といった感じで、コーディネートを考える。結果、「パンツを買ったんだから、上も……」といった“ついで買い”をする人が増えているんです。

 ワークマンの過去データを見ても、これほどパンツが売れたことはありません。しかも売れているのは、ストレッチ生地を使っている細身のタイプ。その昔、現場で働く人の多くは、だぼっとしているパンツを履いていました。しかし、いまは違っていて、細身のパンツを着用している人が増えてきました。

 パンツがこれほど売れるのであれば、店名は「ワークマンプラス」ではなく、「ワークマンパンツ」でもよかったかもしれません(笑)。

ワークマンプラス福岡和白店

土肥: パンツひとつとっても、現場で働く人たちの服装と、街中で歩く人たちの服装の“垣根”が低くなっているようですね。ところで、ワークマンプラスがこれほど売れているとなれば、既存店を運営している人たちから「ウチもやりたいよー」といった声が増えているのでは?

土屋: そうした声は多いのですが、一般客に対応できない店がまだまだあるんですよね。ワークマンプラスは一般のお客さんが来られるので、店内は特にキレイにしておかなければいけませんが、既存店の中には「う〜ん、ちょっと」といったところがある。というわけで、オペレーションを点数化して、その点数が高いところから改装していこうかなあと考えています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ