インタビュー
» 2019年07月17日 08時00分 公開

水曜インタビュー劇場(ピンポン公演):“草卓球プレイヤー”向けのスクールが、じわじわ増えている理由 (6/6)

[土肥義則,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4|5|6       

海外展開も視野に

土肥: 最後に、今後のことを聞かせてください。これからもスクールをどんどん増やしていくのですか?

佐藤: 繰り返しになりますが、場を提供するのはそれほど難しくありません。施設を確保して、台を用意して、コーチを確保すればいい。コーチを雇うことができても、その地域で卓球がどこまで根付いているかも考えなければいけません。

 競技人口がたくさんいて、さらに増えている――。といった話を聞くと、まだまだ出店できるところはたくさんありそうと思われるかもしれませんが、エリアによって状況はバラバラ。東京23区内であればどこも同じでしょと想像されるかもしれませんが、かなり違う。ということもあって、その地域でどこまで卓球が根付いているのか、そこを見極めながら出店していかなければいけません。

 そのように考えると、卓球が根付いていなくて、人口が少ないエリアに出店するよりも、海外に進出するほうがいいのかもしれません。多くの企業は日本で成功を収めて、次に海外展開といった流れがありますが、違っていてもいいと思うんですよね。人口が減少していることを考えれば、いずれ海外展開を視野に入れなければいけません。いずれやるのであれば、すぐにやってもいい。

タクティブの佐藤司社長

土肥: 不毛なところを耕すのではなくて、肥沃な大地を狙っていくというわけですね。

佐藤: 日本でやっても、海外でやってもやることに大きな違いはありません。卓球場をつくって、コーチを雇う。そして、やりたい人に来てもらう。シンプルなビジネスモデルなので、チャンスがあれば海外に進出したいですね。

(終わり)

書籍&CDが出ました!

 ITmedia ビジネスオンラインの連載をまとめた書籍『バカ売れ法則大全』(行列研究所/SBクリエイティブ)が発売されました。本連載「水曜インタビュー劇場」の人気記事をピックアップして、大幅に加筆。また弊誌では掲載していない記事もご紹介しています。また、本連載をまとめた『ササる戦略』(三才ブックス)も発売していますので、合わせてどうぞ。

 さらに、水曜インタビュー劇場のMCを務める土肥義則のCDが発売されました。「全国経営者セミナー」での講演を収録していますので、ぜひビジネスのヒントに!


前のページへ 1|2|3|4|5|6       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -