ニュース
» 2019年08月09日 12時00分 公開

GPSと連動:北海道「ライジング・サン・ロックフェスティバル」が「地図ベンチャー」とコラボ 会場マップ上で現在地表示

北海道「ライジング・サン・ロックフェスティバル」が「地図ベンチャー」とコラボし、来場者が会場マップ上で現在地を確認できるシステムを導入する。

[今野大一,ITmedia]

 8月16日、17日に開催される夏の野外オールナイトロックフェスティバル RISING SUN ROCK FESTIVAL 2019 in EZO(ライジング・サン・ロックフェスティバル、主催ウエス、本社:北海道札幌市、以下 RSR)は、オンライン地図プラットフォームのStroly(ストローリー、本社:京都市下京区)とコラボし、GPS機能を追加したイラスト会場マップ「RSR OFFICIAL MAP powered by Stroly」を導入する。RSRは今年で21回目の開催となる。

 スマートフォン(スマホ)のGPS機能と連動しているため、来場者は広大なフェス会場内で常にどこにいるのかをマップ上で確認できる。拡大や縮小、スクロールが可能なオンラインマップ上には、ステージ・飲食店・協賛ブースや、トイレ・無料Wi-Fi・充電コーナーなどさまざまなランドマークが示され、場所や詳しい情報を見ることも可能だ。

photo ライジング・サン・ロックフェスティバル会場のイラストマップ

 GPSによる位置情報を利用することによって、駐車場で車を停めた場所やキャンプサイトでテントを立てた位置をスクリーンショットで記録できるため、あとから探す手間を省けたり、SNSを使って同行者と情報を共有したりすることもできる。

 Webブラウザ上で閲覧でき、会場内でスマホやタブレットを使ってアクセスできる。開催当日、会場で来場者に配布される小型マップ(RSRカード)にも、オンラインマップのQRコードが掲載されている。

photo メイン会場のSUNSTAGE

 ウエスでチーフディレクターを務める小島健太郎氏は今回の取り組みの意義を語る。

 「RSRは会場がとても広いので、『今どこにいるか分からなくて迷った』『自分のテントがなかなか見つからなくて時間がかかった』といった来場者の声を聞いてきたのですが、このシステムを使うとそういった悩みが解決できると考えています。先日、実際に会場で使ってみた際は、自分の今いる場所がマップ上で把握できて便利でした。音楽イベントとスタートアップ企業が持つ先端技術のコラボはあまりないケースなので、先に続く事例になればと思います」

 地図ベンチャーのStrolyは今年、米国で開催されている世界最大のクリエイティブ・ビジネス・フェスティバルであるサウス・バイ・サウスウエスト(SXSW)の公式マップにも採用されるなど実績がある。

photo 「地図ベンチャーコラボ」のロゴ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ