コラム
» 2019年08月16日 05時00分 公開

あなたの会社は大丈夫? 『倒産の前兆』を探る(7):信用失墜が企業の「死」――親密取引先の破綻で連鎖倒産した“建機レンタル業界の異端児” (1/4)

成功には決まったパターンが存在しないが、失敗には『公式』がある。どこにでもある普通の企業はなぜ倒産への道をたどったのだろうか。存続と倒産の分岐点になる「些細な出来事=前兆」にスポットを当て、「企業存続のための教訓」を探る。

[帝国データバンク 情報部,ITmedia]

信用失墜が企業の「死」 親密取引先の破綻で連鎖倒産

 1900年に創業した国内最大級の企業情報データを持つ帝国データバンク――。最大手の信用調査会社である同社は、これまで数えきれないほどの企業の破綻劇を、第一線で目撃してきた。

 金融機関やゼネコン、大手企業の破綻劇は、マスコミで大々的に報じられる。実際、2018年に発覚した、スルガ銀行によるシェアハウスの販売、サブリース事業者・スマートデイズへの不正融資問題などは、記憶にとどめている読者も多いだろう。一方、どこにでもある「普通の会社」がいかに潰れていったのかを知る機会はほとんどない。8月6日に発売された『倒産の前兆 (SB新書)』では、こうした普通の会社の栄光と凋落(ちょうらく)のストーリー、そして読者が自身に引き付けて学べる「企業存続のための教訓」を紹介している。

 帝国データバンクは同書でこう述べた。「企業倒産の現場を分析し続けて、分かったことがある。それは、成功には決まったパターンが存在しないが、失敗には『公式』がある」。

 もちろん、成功事例を知ることは重要だ。しかし、その方法は「ヒント」になりこそすれ、実践したとしても、他社と同様にうまくいくとは限らない。なぜなら、成功とは、決まった「一つの答え」は存在せず、いろいろな条件が複合的に組み合わさったものだからだ。一方で、他社の失敗は再現性の高いものである。なぜなら、経営とは一言で言い表すなら「人・モノ・カネ」の三要素のバランスを保つことであり、このうち一要素でも、何かしらの「綻(ほころ)び」が生じれば、倒産への道をたどることになる。

 そしてそれは、業種・職種を問わずあらゆる会社に普遍的に存在するような、些細(ささい)な出来事から生まれるものなのだ。実際、倒産劇の内幕を見ていくと、「なぜあの時、気付けなかったのか」と思うような、存続と倒産の分岐点になる「些細な出来事」が必ず存在する。同書ではそうした「些細な出来事=前兆」にスポットを当てて、法則性を明らかにしている。

 本連載「あなたの会社は大丈夫? 『倒産の前兆』を探る」では、『倒産の前兆』未収録の12のケースを取り上げ、「企業存続のための教訓」をお届けする。第7回目はトラックレンタル会社PROEARTH(第6回トラックレンタル業界の“異端児”が繰り広げた「違法すれすれの錬金術」――見せかけの急成長が招いた倒産事件)が倒産した後に「連鎖倒産」したビバックを取り上げたい。

――建設機械販売、レンタル ビバック

設立から13年で、年売上高192億円あまりに達するが、親密取引先だったPROEARTHの民事再生法適用申請によって多額の焦げ付きが明らかとなる。ただしビバック倒産の最大の要因は、それだけではない。PROEARTHととともに業界の異端児として急成長を遂げながら、最終的には倒産せざるを得なかった同社は、ある大きな「間違い」を犯していたのだ。

phot 建設機械レンタル会社の「連鎖倒産劇」とは?(写真:アイティメディア撮影)

「飛ぶ鳥を落とす勢い」に向けられた不信感

 ビバックは2004年5月に設立され、17年3月期の年売上高192億3900万円にも達した急成長企業だ。

 しかし、高速回転を旨とする経営で内部留保は薄く、純資産額はわずか3億3700万円(自己資本比率3.0%)。そこへ17年12月26日、親密取引先だったPROEARTHが民事再生法の適用を申請(のちに手続き廃止が決定)したことに連鎖し、ビバックの破綻も始まった。

 PROEARTHの負債は約151億8539万円にものぼり、ビバックのPROEARTHに対する焦げ付き額は8億1800万円にもなることが発覚する。その瞬間にビバックは実質的に債務超過に転落し、債権者が押し寄せることとなった。

 親密取引先の倒産によって債務超過に転換したという、典型的な連鎖倒産。なぜ両者は、ともに破綻の道を歩むことになったのか。

 ビバックもPROEARTHも、当初はユーザーから先払いを受けてメーカーに支払う、在庫リスクのない商売だったという。やがて銀行から融資を受けて建機を仕入れるようになり、さらにレンタル事業でリース物件を貸し出すようになった。

 しかしこの事業について、業界内では早くから疑念が生じていた。あるレンタル会社の社長は「こう言っては身も蓋もないが……少しでも安く買って、月々高く払わせて、最後に高く売って処分するのがこの商売。彼らがあまりに高く買い過ぎ、在庫を持ち過ぎていることにビックリした」と首をかしげる。

 なるべく物件在庫を抱えず、所有物件を効率的にユーザーに回す。サプライヤーからは極力、安く買い、ユーザー企業には極力、高く払ってもらって利ザヤを儲(もう)ける。最後には極力、高く売る。これがリース業の眼目であるにもかかわらず、同業者から見れば、ビバックもPROEARTHも明らかな在庫過多だったわけだ。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ