なぜあの商品は売れた? 行列研究所が謎に迫る
連載
» 2019年11月25日 08時00分 公開

あの会社のこの商品:2万台以上売れた「焼きペヤングメーカー」が、できるまでのこと (1/5)

関東でカップ焼きそばといえば「ペヤング ソース焼きそば」。絶大な人気を誇るペヤングを焼いてつくる調理家電「焼きペヤングメーカー」をご存じだろうか。大阪に本社を構えるライソンという会社がつくったものだが、開発秘話を聞いたところ……。

[大澤裕司,ITmedia]

 インスタント麺をお湯で戻し、湯切りしてからソースと合わせたら、カップ焼きそばのでき上がり。焼かないけど焼きそばである。

 しかし、インスタントでも焼いてつくったほうがおいしいという。麺を戻して焼き、最後にソースを掛ける。専用のホットプレートもあるほどで、ネットを中心に話題になった。

 そのホットプレートとは、ライソンの「焼きペヤングメーカー」のこと。2019年4月に一般販売が開始された、「ペヤング ソース焼きそば」を焼いて食べるための専用ホットプレートである。話題性の高さが手伝い、これまでに2万台以上売れている。

「ペヤング ソース焼きそば」を焼いてつくることに特化した世界初のホットプレート「焼きペヤングメーカー」

関西人から見た関東人のペヤング好きは「異常」

 ライソンは大阪府東大阪市に本社を構える家電や日用品の企画・販売会社。母体は、クレーンゲーム用景品の企画・制作・販売を行っているピーナッツクラブ。「ペヤング ソース焼きそば」を開発・製造・販売しているまるか食品とピーナッツクラブが、クレーンゲーム用景品の企画で以前から取引があり、その縁もあって「焼きペヤングメーカー」は実現した。

 誕生のきっかけは、ほんの偶然だった。同社の山俊介社長が「ペヤング ソース焼きそば」を家で焼いてつくってみたところ、インスタント麺をお湯で戻してからソースを合わるつくり方よりもおいしいものができたことだった。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -