クルマはどう進化する? 新車から読み解く業界動向
連載
» 2019年12月03日 07時00分 公開

池田直渡「週刊モータージャーナル」:「マイルドハイブリッドの効果はちゃんと出てます」 マツダ藤原副社長インタビュー(4) (4/7)

[池田直渡,ITmedia]

(ディーゼルは)必ず戻ってくる

池田 多分ラージのプラットフォームはFRにして、直6っていうのは、すごく正しいと思うんです。ただ、ひとつだけ怖いなと思っているのは、ディーゼルの直6なんですよね。これは、もうまさに世の中との戦いじゃないですか、どっちへ転ぶか。ここはどう見られているんですか。

藤原 もうやらざるを得ないと思って。でも、(ディーゼルは)必ず戻ってくると思っているんです。特にヨーロッパの人には、ディーゼルには簡単に止められないだけの商品価値はあると思ってます。

池田 ディーゼルは死なずですか?

藤原 彼らがヨーロッパ中を、例えばドイツへ出張するとすると、PHVで一生懸命頑張っても、やっぱりディーゼルにはかなわないんですよ。ディーゼルで出張すると、1回満タンにすると1000キロ走るわけじゃないですか。それもあのトルクで、アウトバーンをばーんと走って。彼らは電車で行かないし、飛行機で行かないし、びゃーんとクルマで行っちゃうわけですね。それは今のPHVでできるかっていったら、できないんですよね、やっぱり。重たいものを積んでいるので。

池田 高速巡航でのアドバンテージはディーゼルだと。

藤原 ちょろちょろ走るならいいんですが、ビジネスの出張なんていうのは無理です。それで、必ずディーゼルに戻ってくる気がしてならないんですよね。

池田 ドイツの人にとって、クルマ好きだと、ディーゼルじゃないとみたいな空気があるじゃないですか。

藤原 クルマ好きというよりも、長距離走る人にとってですかね。

池田 一方で、例えば、ポルシェやボルボがディーゼル撤退とか、そういう流れもあって。あと、この間のグレタさんの国連演説で、アンチ化石燃料ブームがヨーロッパで火がついちゃって、非現実的で足元を見ない理屈だとはいいながら、さすがに看過できない流れではあるじゃないですか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -