クルマはどう進化する? 新車から読み解く業界動向
連載
» 2020年01月06日 07時20分 公開

池田直渡「週刊モータージャーナル」:2020年の中国自動車マーケット(前編) (1/5)

世界の自動車販売台数の3分の1を占める中国で変調が起きている。中国マーケットで起きていることをちゃんと押さえることが第一。次いでその原因だ。そしてそれらが20年代の自動車産業にどんな影響を与えそうなのかを考察してみよう。

[池田直渡,ITmedia]

 年明けの記事として、昨年のクルマを振り返る企画を2本続けて掲載した(前編後編)。となると次は2020年の自動車産業の展望から書き始めるべきだろう。

 テーマは中国マーケットだ。この10年間、自動車のグローバルマーケットをリードしてきたのは中国だった。今世紀が始まったとき、わずか200万台程度だった中国の新車販売台数は、17年には2912万台と約15倍に躍進し、驚くべきことに、グローバル販売台数の3分の1に達した。当然この20年間、世界の自動車メーカーは中国マーケットを最重要課題として、売り込みに目の色を変えて取り組んできた。

 ところが、その中国の自動車マーケットが、18年、約30年ぶりに前年比でマイナス2.8%となった。天安門事件の年以来のダウンと考えると少々不穏である。この先どうなるのかは気になって当然だろう。

大連の港(写真:ロイター)

中国マーケットの現状

 19年はまだ累計データが出ているのが11月末までで、通年の最終確定数値が出てこない。加えて統計によって商用車を含むか含まないかなど、車種のジャンルの絞り方の違いもあって、報道によって19年の下落幅には振れがある。しかし、それでも、おおむねマイナス8%から13%程度という衝撃的な下落が予測されている。当然ながら傾向としては、商用車より、景気に左右されやすいパーソナルカーが厳しい。2桁ダウンの数値が出ているのはパーソナルカーだ。

 しかもどうやら翌20年の予測も芳しくない。つまり3年連続でのマイナスということになりそうで、世界一自動車が売れるマーケットのこれだけ大きな変調は、自動車メーカー、ひいては自動車産業全体への大きな影響が予想される。

 例えば、利益の40%を中国から上げるといわれているフォルクスワーゲンにとって、中国マーケットの2桁ダウンは脅威になるだろう。しかし同社にとって幸いなことに、今のところダウン幅はメーカーの国によって結構差がある。グラフは昨年対比だが、総数の積み上げで見ると、最も下落幅が大きいのが中国ブランド各社、次に米国ブランドという順で、ドイツブランドは影響が少なく、韓国はかろうじてプラスにいる。しかしそのドイツと韓国を上回って、最も堅調なのが日本のブランドだ。しかしこの傾向がどこまで続くかは保証の限りではない。

中国でのブランド別自動車販売台数シェア(2018年)
       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間