3分Biz.
調査リポート
» 2020年03月24日 11時41分 公開

「働きやすさ」の要因も明らかに:若手が「やりがいがない」と思う仕事 2位は「電話の取り次ぎ」、1位は? (1/2)

RECEPTIONISTが実施した若手社員に関する調査結果が発表。若手が「働きやすい」と思う環境とは?「やりがいがない」と思っている仕事ランキングも明らかになった。

[ITmedia]

 クラウド受付システムを開発するRECEPTIONISTはこのほど、「社会人1〜3年目」の働き方に関する調査結果を発表した。若手社員の会社に対する考え方や、「やりがいがない」と思っている仕事が明らかになった。

若手社員を対象にした調査結果(出所:RECEPTIONIST発行のプレスリリース)

 現在の職場について、他の企業と比較して「働きやすい環境が整っている」と答えた人は全体のうち58.5%。そのうち、転職を考えている人は35.5%だった。一方、「働きやすい環境ではない」と答えた人のうち、転職を考えている人は74.3%と7割を超えた。「働きやすさ」が若い世代に大きな影響を与えていることがうかがえた。

「働きやすさ」が転職意向を左右する?(出所:RECEPTIONIST調査)

 ただ、「働きやすさ」を整備しただけでは企業の競争力は高まらない。競争力を高める「生産性」の向上について、若手社員が必要だと考えているものは何だろうか。

 多くの若手社員が挙げたのは「集中力」。その集中力を切らす原因として「他人の話し声」(34.0%)、「周囲の臭い」(32.8%)、「人から話しかけられること」(26.5%)などが挙がった。

 「集中力」に次いで、若手社員が生産性向上のために必要なものとして挙げたのが「ITツールの活用」。ITの導入を阻害する要因としてトップに挙がったのは「昭和なビジネス文化から離れられない」(37.3%)だった。デジタルに慣れ親しんだ世代だからこそ、上の世代のITへの感度に不満を募らせているとみられる。以下「人員不足」(33.5%)、「推進部門が現場を分かっていない」(32.5%)と続く。

IT導入のハードルは「昭和なビジネス文化」?(出所:RECEPTIONIST調査)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -