メディア
日本を変える「テレワーク」
ニュース
» 2020年04月27日 08時00分 公開

部下を信頼しない管理職:分単位で業務報告、返信は5分以内に――テレワークを地獄に変える「拘束系上司」 (3/3)

[服部良祐,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

「テレワークだから」サボる訳ではない

 一方、前述の石倉さんは「なぜかテレワークになると、『社員がサボっている』という前提での質問がよく来る。しかし、テレワークだから従業員はサボる訳ではない」と指摘する。

 「(在宅勤務が始まる前まで)社員が一日中何をして過ごしていたか、あなた(=上司)は把握していただろうか? 単にいつもサボっていた人が、(テレワーク後)もサボるだけだろう。テレワーク向けのシステムもインフラも既に存在する中、結局(うまくいかない会社では)『部下をどう信頼するか』という問題が大きい」(石倉さん)。

 未曾有の感染症拡大という外的要因で、従来するつもりのなかった企業でも強く導入が進められている今回の在宅勤務。一方で“拘束系上司”のようなトラブルは、テレワークそのものの問題というより、日本的マネジメントの在り方、ひいては上司・部下の関係にもともと潜んでいた“ひずみ”を象徴しているのかもしれない。

 ちなみに、石倉さんは冒頭のAさんの会社のような拘束系上司から相談を受けた際は、よくこのようにアドバイスしているという。「あなたは奥さんから『今日1日分の行動を分単位で提出せよ』と言われたら、どう思いますか?」。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間