メディア
ニュース
» 2020年07月06日 16時00分 公開

ディスコ調査:7月1日時点の新卒内定率、4年ぶりに8割切る――2021年卒就活

新卒内定率が4年ぶりに8割切る結果に。7月1日時点でディスコが調査。新型コロナの影が新卒市場にも。

[ITmedia]

 ディスコの学生モニター調査によると、7月1日時点の2021年卒業予定の新卒内定率は77.7%となった。同社の調査で4年ぶりに8割を切る結果となった。新型コロナウイルスの就職市場への影響は、売り手市場だった新卒にも確実に影を落としているようだ。

photo 新卒の内定率に影が(写真はイメージ、提供:ゲッティイメージズ)

7月1日時点の新卒内定率、77.7%

 調査はディスコが21年3月に卒業予定の大学4年生(理系のみ修士2年含む)のモニター、約1200人が対象。ネット上で7月1〜5日に実施した。

 まず7月1日現在の内定率を調査したところ、前年同時期の84%を6.3ポイント下回る77.7%となった。6月時点より13.7ポイント巻き返したものの、やはり前年を割る結果となった。

photo 7月1日時点の新卒の内定状況(ディスコ「キャリタス就活 2021」学生モニター調査)

 調査時点で就職先を決定して就活を終了した学生の比率も57.6%となった。前年同時期をやはり10.1ポイント下回る結果となった。

photo 新卒の就活状況の分布(ディスコ「キャリタス就活 2021」学生モニター調査)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -