フィンテックで変わる財務
ニュース
» 2020年09月01日 00時00分 公開

グーグルも注目 歩けば歩くだけ安くなる医療保険「歩くとおトク保険」(1/3 ページ)

ヘルスケアデータを使った保険ビジネスが動き始めている。8月末には、グーグルの親会社であるアルファベットが保険事業に参入した。グーグルが集めたヘルスケアデータを基に保険商品を作成すれば、さまざまな可能性が考えられる。国内でも、保険スタートアップjustInCaseが始めたのが、前月の歩数に応じて保険料が割り引かれる医療保険だ。

[斎藤健二,ITmedia]

 さまざまな情報を集めるテック企業が、力を入れてきているのがヘルスケアデータの領域だ。アップルはAppleWatchを通して歩数や心拍数などの情報を測定できるようにし、グーグルは2019年11月にウェアラブル企業の米Fitbitを買収する計画を発表した。こうした健康にかかわるデータは、次第にビジネスに活用されようとしている。

 8月末には、グーグルの親会社であるアルファベットが保険事業に参入した。傘下のヘルスケア事業会社のVerilyが保険会社を設立、保健事業を推進する。詳細は明らかになっていないが、グーグルが集めたヘルスケアデータを基に保険商品を作成すれば、さまざまな可能性が考えられる。

 国内でも、ヘルスケアデータを活用した保険商品が登場した。保険スタートアップのjustInCase(東京都千代田区)は、スマートフォンの歩数計と連動し、歩けば歩くだけ保険料が安くなる医療保険「歩くとおトク保険」の提供を、9月1日から開始した。年齢性別により基本となる保険料が決まっており、そこに身長と体重から計算されるBMI、また前月の歩数によって保険料が割り引かれる。

保険スタートアップのjustInCaseが販売を始める「歩くとおトク保険」。コロナ禍やIoTデバイスの進化、医療費の高騰といった背景の中、健康増進保険としての役割も期待される(同社資料より)

 ボリュームゾーンの基本保険料は月額2000〜3000円程度。そこから30〜35歳男性の場合、割引額は最大で34%、高齢男性の場合は最大で52%もの割引が適用となる。

30-35歳男性の場合の割引テーブル。月間歩数が多く、BMIが低くなるにつれて保険料が大きく割り引かれる(同社資料より)
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -