メディア
日本を変える「テレワーク」
インタビュー
» 2020年10月16日 11時46分 公開

当事者と労務担当者の対処法:在宅勤務中、慣れないイスで腰痛に……労災おりる? 社労士に聞いてみた (1/3)

慣れないテレワークで腰や肩を痛めてしまった――そのような時、従業員はどのように対応したらいいのだろうか。また、従業員に相談されたときに労務担当者が気を付けるべき点は何だろうか。約500社のクライアントを抱える社労士事務所、大槻経営労務管理事務所の大槻智之代表に話を聞いた。

[秋山未里,ITmedia]

 新型コロナウイルスの影響で、急速にテレワークが普及した。これまで自宅で働くことを想定しておらず、環境を整えられないままテレワークに突入したビジネスマンは多いのではないだろうか。

 筆者も、テレワークを始めてから椅子が合わずに腰を痛めた。接骨院にかかったところ「けがの一歩手前」と診断された。

photo 写真はイメージです(写真提供:ゲッティイメージズ)

 では、実際にけがをしてしまったら労災はおりるのだろうか。慣れないテレワークで腰や肩を痛めてしまった――そのような時、従業員はどのように対応したらいいのだろうか。また、従業員に相談されたときに労務担当者が気を付けるべき点は何だろうか。

 約500社のクライアントを抱える社労士事務所、大槻経営労務管理事務所の大槻智之代表に話を聞いた。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -