メディア
ニュース
» 2021年01月06日 07時00分 公開

今日からできる組織改善のススメ:「心理的安全性を壊さない管理職」を社内に増やす! リモートでも実践できる「観る・聴く」方法とは? (1/3)

職場の「心理的安全性」は、メンバー同士が健全に意見を交わし、組織のパフォーマンスを高めるために欠かせない要素だ。しかし、いざ実践するとなると「何から手をつけて良いか分からない」「ヌルい職場を作ろうとしていると誤解されてしまい経営陣や管理職の理解を得られない」と悩む人事担当者や管理職も多いのではないだろうか。本稿では、心理的安全性の基礎と、身近な範囲で始められる実践方法をお伝えする。

[柳川小春,ITmedia]

心理的安全性とは

 「心理的安全性」とは、他者の反応を過度に気にすることなく、ありのままの自分の意見や感情をさらけ出せる状況を指します。ハーバード大学で組織行動学を研究するエイミー・エドモンドソン氏が提唱し、その後Google社がチームの生産性を高める重要な要素だと発表したことで、注目が集まった概念です。

 心理的安全性があると、「こんなことを言ったら無知・無能・邪魔・否定的だと思われるのではないか」といった不安を感じることなくメンバー同士が健全に意見を交わせるようになり、チームの学習が促進されます。

photo 画像はイメージです。(写真提供:ゲッティイメージズ)

 過去の成功体験が役に立たないことが増えているVUCA時代(Volatility、Uncertainty、Complexity、Ambiguityの頭字語。予測が難しい不確かな時代といった意)、立場を超えてメンバー同士が健全に意見を戦わせ、学び合えるチームをつくることは、組織のパフォーマンスを高める上で欠かせません。

 しかし、いざ実践するとなると「何から手をつけて良いか分からない」「ヌルい職場を作ろうとしていると誤解されてしまい、経営陣や管理職の理解を得られない」などと、困難を感じていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

 そこで本記事では人事担当者やチームのマネージャーが、今日から“半径5メートルの中で”始められる実践方法をお伝えします。

著者プロフィール:柳川小春(やながわ・こはる)

Fringe81株式会社 COO室マーケティング戦略室室長

1994年生まれ。一橋大学経済学部を卒業後、Fringe81株式会社に新卒で入社。新規事業開発本部に配属されUniposの立ち上げ時のPRやカスタマーサポート、マーケティングを担当。2020年よりUnipos株式会社マーケティング執行役員に就任。2020年10月より現職。心理的安全なチームづくりを実践中。

Twitter:@Koharu_Yanagawa


心理的安全性を壊さない上司の共通点

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -