メディア
3分Biz.
ニュース
» 2021年02月17日 15時15分 公開

キャンピングカーでテレワーク 京急などが実証実験無料で提供

京浜急行電鉄と、キャンピングカーのシェアサービスなどを展開するカーステイは、キャンピングカーをワークスペースなどとして活用する「モバイル・オフィス」の実証実験を開始すると発表した。

[ITmedia]

 京浜急行電鉄と、キャンピングカーのシェアサービスなどを展開するCarstay(カーステイ、東京都新宿区)は2月16日、キャンピングカーをワークスペースなどとして活用する「モバイル・オフィス」の実証実験を開始すると発表した。

(出所:プレスリリース)

 今回の実証実験では、京急が所有する横浜市南部の上大岡・能見台エリアの敷地に、カーステイの「動くオフィス」として利用可能なキャンピングカーを設置。ワークスペースや学生の勉強スペースとして貸し出し、京急沿線に住む人のテレワークニーズ発掘につなげるとしている。

 実施期間は上大岡エリアは2月22〜26日、能見台エリアは3月1〜5日。料金は無料とし、専用Webサイトから1組(推奨1〜2人、最大4人)で1時間の予約をできるようにした。

専用Webサイトから予約できる(出所:専用Webサイト)

 使用する車両は、トヨタ・ハイエースをベースとしたキャンピングカー製造・販売のRVトラスト製「CLH」。大容量バッテリーや家庭用エアコン、照明、冷蔵庫などに加え、Wi-Fiも完備している。

CLH車内の様子(カーステイ提供)

 京急とカーステイは、京急沿線の地域経済の活性化を目指し2020年10月から三浦半島で車中泊を推進するプロジェクトを展開している。今回の企画もその一環だという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -