メディア
ニュース
» 2021年06月28日 05時00分 公開

新入社員、「勤務の半分以上は在宅」が理想? 入社後の不安は?入社後の不安は?

今年の4〜5月に入社した新入社員らに働き方の希望を聞いた。どの程度の在宅勤務が望ましいと考えているのか。

[ITmedia]

 新入社員の理想の働き方は「半分以上が在宅勤務」――HRサービスを提供するアスマーク(東京都渋谷区)が2021年春に入社した新入社員などを対象に行った調査で、そんな結果が分かった。

働き方の理想は?(画像提供:ゲッティイメージズ)

 在宅勤務と出社を自由に選べるとしたらどのような働き方をしたいかを尋ねると、「全て在宅がよい」(28.8%)、「ほぼ在宅勤務で、時々出社がよい」(25.8%)、「在宅勤務と出社が半々がよい」(16.7%)、「ほぼ出社で、時々在宅勤務がよい」(10.6%)、「全て出社がよい」(18.2%)という結果に。在宅勤務中心の働き方を希望する人が半分以上だった。

在宅勤務と出社の割合の希望(出所:リリース)

 コロナ禍での仕事における困りごとや不安を聞いた。すると、「オンラインでの会議・会話はやりづらい」(53.8%)という回答が最も多く、「他の社員の顔や名前が分からない・覚えづらい」(52.3%)、「会社特有の文化や暗黙のルールが分からない」(50.8%)、「他の社員と打ち解けにくい」「自分の仕事ぶりがどうみられているのか分からない」(ともに48.5%)と続いた。一方、「会社の業績・先行きが不安」(43.2%)という声もあった。アスマークは「在宅勤務実施者のほうが入社後の不安は多い傾向がある」と分析している。

コロナ禍での困りごと(出所:リリース)

 今回の調査は、5月28日〜6月1日にインターネット上で実施。21年4〜5月に入社した132人から回答を得た(中途含む)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

続きを読むには、コメントの利用規約に同意し「アイティメディアID」および「ITmedia ビジネスオンライン通信」の登録が必要です

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -