メディア
ニュース
» 2021年08月24日 09時39分 公開

コロナ禍で「新しい時代に求められる営業職」の求人が増加 どんなスタイル?dodaで調査(1/2 ページ)

パーソルキャリアは、doda会員を対象に「新しい時代に求められる営業職に関する調査」を実施した。求人掲載数、応募数の変化はどうなったのか。

[コネムラメグミ,ITmedia]

 転職サービス「doda」を運営するパーソルキャリア(東京都千代田区)は、doda会員を対象に、「新しい時代に求められる営業職に関する調査」を実施した。

 「新しい時代に求められる営業職」とは、電話やメール、ビデオ会議システムなどで見込顧客の獲得から商談設定・受注を行う「インサイドセールス」と、購入・契約後のフォローを通じ顧客を支援する「カスタマーサクセス」を指す。dodaに掲載されている新しい時代に求められる営業職の求人掲載数を2019年1月と21年7月で比較すると、約7.4倍に増加していることが分かった。

「新しい時代に求められる営業職に関する調査」(画像はイメージ)
営業職の求人数の推移と1掲載当たりの応募数(出所:リリース、以下同)

 営業職全体の掲載数は横ばいだが、「新しい時代に求められる営業職」の求人は増えている。19年頃よりソフトウェアの売り切りモデルからサブスクリプション型への転換が加速し、SaaS系企業が成長した。それに伴い「新しい時代に求められる営業職」が重要視され求人が増え始めたようだ。

 その後、新型コロナウイルス感染症の影響で一時的に求人数は減ったが、リモートワーク環境を整備するためのシステム導入が増え、非対面が中心となるような営業に変化した。それにより求人は20年9月頃より急速に増えた。今後もニーズは拡大すると同社は予想する。

求人広告への応募数を比較

 また、求人広告への応募数を比較すると、21年7月では「新しい時代に求められる営業職」の求人が、営業職全体より約1.3倍多かった。応募者は20〜30代の転職希望者が多い。営業経験があればチャレンジでき、営業未経験の販売サービス職でもキャリアチェンジできることが挙げられる。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -