連載
» 2021年09月18日 08時00分 公開

2025年の大阪・関西万博で、鉄道の路線図はどうなるのか杉山淳一の「週刊鉄道経済」(1/6 ページ)

2025年に大阪、夢洲で「2025年大阪・関西万博」が開催される。政府は主要公共交通機関に大阪メトロ中央線を位置付けた。このほか会場へのアクセスには船とバス、さらに具体化していない鉄道ルートが3つ、近畿日本鉄道の構想もある。また会場内の交通には、3種類のモビリティが計画されている。

[杉山淳一,ITmedia]

 オリンピック・パラリンピックの次は万博だ。2025年に大阪、夢洲(ゆめしま)で「2025年日本国際博覧会(以下、大阪・関西万博)」が開催される。

 政府はその主要公共交通機関に大阪メトロ中央線を位置付けた。現在の終点、コスモスクウェアから1駅延伸して夢洲に駅を作る。海底トンネルを通ることになるけれども、すでにトンネル部の躯体(くたい)は作られている。このほか、中央線全体の輸送力強化も実施するという。

 政府は8月27日、大阪・関西万博のインフラ整備計画の概要を決定した。なぜ政府が出しているかというと、万国博覧会はオリンピック・パラリンピックと同様に、国際社会で認められた公式イベントだからだ。

 パリに本部を置く博覧会国際事務局(以下、BIE:Bureau International des Expositions)が国際博覧会条約に基づいて開催都市を認定する。開催年は不定だったけれども、05年以降、登録博覧会、認定博覧会、大国際園芸博覧会区分の3つに整理された。

2025大阪・関西万博イメージイラスト(出典:2025年日本国際博覧会 基本計画
       1|2|3|4|5|6 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -