メディア
ニュース
» 2021年11月18日 10時49分 公開

「インボイス制度」の認知度 300人調査の結果は?SheepDog調べ

SheepDog(東京都品川区)は、全国の20〜30代の自営業者に「インボイス制度に関するアンケート」を行った。インボイス制度について「知らない」と答えた人は半数を超えた。

[コネムラメグミ,ITmedia]

 2023年10月1日から、「適格請求書等保存方式(インボイス制度)」が導入される。売手の適格請求書発行事業者(登録事業者)は、買手の取引相手(課税事業者)から求められた場合、適格請求書(インボイス)を交付しないといけない。

 インボイスの詳しい制度については国税庁のWebサイトなどを見ていただくとして、この制度について理解している人はどのくらいいるのだろうか。

「インボイス制度に関するアンケート」を行った(画像はイメージ)

 ITツール比較サイトを運営するSheepDog(東京都品川区)は、全国の20〜30代の自営業者を対象に、「インボイス制度に関するアンケート」を実施した。インボイス制度について理解しているか聞いたところ、「知らない」と答えた人は58.33%だった。

インボイス制度について理解していますか?(出所:リリース、以下同)

 「言葉だけ知っている」が16.00%、「なんとなく理解している」が15.33%、「理解している」が10.33%だった。

 性別でみると、インボイス制度を「知っている」と答えた割合は、男性が13.33%に対し、女性は7.33%にとどまった。

インボイス制度を理解していると回答した男女別割合

 世帯年収別では、インボイス制度を「知っている」と答えた割合は、1000万円以上が14.00%と最も高く、次いで500万円以上1000万円未満が10.85%、500万円未満は8.31%だった。世帯年収が高いほどインボイス制度を理解している割合が高く、世帯年収1000万円以上では、全体のおよそ7人に1人が理解していた。

インボイス制度を理解していると回答した世帯年収別の割合

 今回の調査は、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、福岡県に住む20〜39歳の自営業者を対象に、インターネット上で行った。実施日は11月11日、有効回答数は300人。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -