メディア
3分Biz.
ニュース
» 2021年11月19日 10時00分 公開

会話できない職場は「ストレス」64% 心理的安全性を感じられる職場の特徴は?雑談は大切(1/3 ページ)

「職場でコミュニケーションが取れている」と回答したのは6割――転職サイト「エン転職」を運営するエン・ジャパンが、9〜10月に同サイトのユーザー8948人を対象に実施したアンケート調査で、こうした結果が判明した。

[らいら,ITmedia]

 「職場でコミュニケーションが取れている」と回答したのは6割――転職サイト「エン転職」を運営するエン・ジャパンが、9〜10月に同サイトのユーザー8948人を対象に実施したアンケート調査で、こうした結果が出た。

 「普段、職場でのコミュニケーションは取れていると思いますか?」との質問に「取れている」と回答したのは64%に達した。そのうち、理由については「コミュニケーションに積極的な風土があるから」が最も多く42%を占めた。次いで「コミュニケーションを取る時間を意図的に持っているから」(39%)、「部署・年次などでの分断がないから」(24%)が続いた。

「普段、職場でのコミュニケーションは取れていると思いますか?」との質問に64%が「取れている・どちらかといえば取れている」と回答

 年代別では、20〜30代で最多だった回答は「コミュニケーションに積極的な風土があるから」(20代50%、30代44%、40代以上35%)だったが、40代以上では「コミュニケーションを取る時間を意図的に持っているから」(同:33%、39%、45%)が最も多かった。管理職が意識的にコミュニケーションの機会を設けることで、職場の風土が作られていることが見て取れる。

コミュニケーションが取れている理由は「コミュニケーションに積極的な風土があるから」が最も多く42%だった

 職場でのコミュニケーションが取れていると回答した人のうち、その効果を感じる点には「働きやすさ」(69%)、「チームワーク」(63%)、「仕事の効率」(57%)が挙がった。「メンター制度や上長との定期面談があり安心して働けた」「仲が良いと意見を出しやすくなり、結果としてチームワークが良くなっている」など、コミュニケーションが働きやすさや仕事の成果につながっていることがうかがえた。

職場でのコミュニケーションが取れていると回答した人のうち、何に効果があるか質問したところ「働きやすさ」が最も多かった
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -