連載
» 2021年11月24日 08時29分 公開

強すぎる「ダイソー」と「セリア」 イオンが「キャンドゥ」と組むと何が起きるのか長浜淳之介のトレンドアンテナ(4/5 ページ)

[長浜淳之介,ITmedia]

イオンの潜在ニーズにもマッチ

 イオンにとってGMSの再生も大きなテーマだ。イオンに限らず、GMSは食品を除いて苦戦しており、22年2月期中間決算でも、GMSは162億円の赤字だった。

 主力のイオンリテールを詳しく見てみると、食品は前期比2.2%増、前々期比4.2%増と順調。それに対して、衣料が前期比3.8%増ながら、前々期比で21.1%減と足を引っ張っている。住関連の住居余暇・H&BC(ヘルス&ビューティーケア)も前期比4.4%減、前々期比12.1%減と苦戦している。

イオンスタイル岡山青江。イオンリテールが経営する店舗も食品以外苦戦している(出所:リリース)

 さらに詳細を見ると、園芸用品138.2%増、エンターテインメント59.6%増、スポージアム55.8%増、調剤9.2%増、家事消耗7.8%増と、伸びているカテゴリーがある。100円ショップは、調剤は範囲外だが、家事消耗はもちろん、ちょっとした園芸用品やエンターテインメントに関連するキャラクター用品なども売るし、スポージアムに関連するアウトドア用品も売れ筋だ。従ってイオンリテールの衣料や住関連の売り場を縮小して、100円ショップのテナントを入れるのも、売り上げ増の現実的な選択肢なのだ。

キャンドゥのエクササイズグッズ(左)とお掃除モップスリッパ(出所:キャンドゥ公式Webサイト、以下同)

 この場合も、どこに行ってもダイソー、セリアではなくて、キャンドゥも入れていけば、同じことを考えているGMS競合店との差別化が可能になる。

 イオン・広報では「キャンドゥは比較的小型な店舗の出店形態を特徴としており、GMSやSMなどへの出店余地を多く持つ、イオンの潜在ニーズともマッチしている」と、親和性の高さに着目したとしている。

ソフトグリップ付楽々ハサミ(左)とトートバッグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -