メディア
ニュース
» 2021年11月25日 07時00分 公開

「指示待ち」「官僚的」な社風が一変 湖池屋の好業績の陰に“人事改革”あり その中身は?“チャレンジできる社風”作り(1/3 ページ)

湖池屋の業績が伸びている。もとは「指示待ち」「官僚的」だった社風を改革したことが、要因の1つのようだ。組織の文化や風土の変革など、湖池屋を変えた人事改革に迫った。

[山崎潤一郎,ITmedia]

 ポテトチップスでおなじみの湖池屋の業績が伸びている。売上高、経常利益ともに、右肩上がりを続けている。特に売上高に対する経常利益の伸びが健著で、2018年6月期に3億6300万円(利益率0.9%)と低水準だったものが、21年6月期には16億8700万円(利益率4.1%)を実現しており利益率の改善に目を奪われる。

 この改善について、決算資料ではいくつかの要因が示されている。その1つに高付加価値商品の売上伸長がある。17年に「湖池屋プライドポテト」という、高額だが素材や製法にこだわった新ブランドを立ち上げヒットさせた。これは、16年から取り組んだ「リブランディング」が成果を出したものといえよう。

 リブランディングというと一般的に対顧客目線のマーケティング施策に着目する向きがある。湖池屋の場合も、売上増はリブランディングによるマーケティング施策の成功に帰するところが大きい。しかし、同社の場合、マーケティング効果だけでなく、リブランディングをきっかけに組織の文化や風土の変革を進め、それが業績を押し上げる原動力にもなっている。人事の視点から湖池屋好調の理由に迫るべく、経営管理本部人事部部長の八代茂裕氏と同部次長の田畑健太郎氏に話を聞いた。

「官僚的組織」を、人事のアプローチでどう変えた?

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -