3分Biz.
ニュース
» 2022年01月15日 08時00分 公開

学生が働きたい業界 3位「銀行」、2位「情報処理・ソフトウェア」、1位は?企業選びで重視するポイント(1/3 ページ)

3月の就職活動本番を2カ月後に控えた1月、2023年卒学生の準備状況はどの程度進んでいるだろうか。就職情報会社のディスコが、就職意識や準備状況についての調査結果を発表した。

[熊谷ショウコ,ITmedia]

 3月の就職活動本番を前に、2023年卒学生の準備状況はどの程度進んでいるだろうか。就職情報会社のディスコが発表した調査結果によると、志望業界が「明確に決まっている」学生は34.1%。志望業界の1位は、「インターネットサービス」であることが分かった。

「IT業界」に人気が集まる

志望業界の決定状況(出典:プレスリリース)

 1月1日時点で志望業界が「明確に決まっている」(34.1%)と答えた割合は、21年同期調査(32.0%)と比較して2.1ポイント上昇した。一方、「決まっていない」と答えたのは25.2%で、21年同期(23.1%)を上回り、20年11月後半に実施した調査(23.0%)よりも増加している。

 同社では「業界を絞らずに活動を進める層が増えている可能性があるほか、インターンシップなどで企業と接点をもつ中で、志望業界を見直す学生も出てきている」と分析している。

 志望業界で最も多いのは「情報・インターネットサービス」(20.8%)で、2位は「情報処理・ソフトウェア」(19.0%)。21年調査に引き続き「IT業界」に人気が集まっている。3位の「銀行」(16.4%)は文系学生のポイントが高く、特に文系男子の3割超(31.6%)が選んでいる。

志望業界(出典:プレスリリース)

 理系学生はITのほか製造業が上位に多く、理系女子は「医薬品・医療関連・化粧品」が最多だった。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -