トップインタビュー
インタビュー
» 2022年03月09日 05時00分 公開

JAL菊山英樹専務に聞く コロナ後の「国際線回復の切り札」日本航空の行方【後編】(1/4 ページ)

苦しい経営環境の中で、日本航空(JAL)は2023年4月から国内線に新運賃制度を導入する。これに加えて、国際線専門の格安航空(LCC)、ZIPAIR(ジップエア)Tokyoの就航路線を拡充したり、非航空分野へ積極的に進出したりしている。菊山英樹専務にコロナ禍を克服した後の経営戦略を聞く。

[中西享, 今野大一,ITmedia]

 苦しい経営環境の中で、日本航空(JAL)は2023年4月から国内線に新運賃制度を導入する。これに加えて、国際線専門の格安航空(LCC)、ZIPAIR(ジップエア)Tokyoの就航路線を拡充したり、Eコマースなど非航空分野へ積極的に進出したりするなど、ポストコロナを見据えた布石を打ってきている。

日本航空(JAL)は2023年4月から国内線に新運賃制度を導入する(同社提供)

 菊山英樹専務インタビューの前編【「希望退職を募集することになったら、私はJALを辞めます」 日本航空・菊山英樹専務】では、JALの現状について聞いた。後編ではコロナ禍を克服した後の経営戦略を聞く。

菊山英樹(きくやま・ひでき)1983年に入社、2010年に経営企画本部副本部長、12年に路線統括本部国内路線事業本部長、16年 に取締役路線統括本部長、20年4月から代表取締役専務執行役員・財務経理本部長。61歳。石川県生まれ

新運賃導入の理由

――2023年4月から新しい国内運賃を導入します。その狙いは。

 この新運賃導入には、実は深い経緯があります。2017年に根幹となる旅客システムを刷新しました。それまで50年間も同じシステムを使ってきました。かなり古いシステムを使っていたので、率直に言って早く更新したかったのですが、経営破綻のため資金を得られずに更新が遅れていました。

 破綻後の12年に更新する決定をしたものの、その後に紆余曲折があり、当初の見通しとは全く違う開発工程をたどりました。規模も変わって、結果的に完成したのが17年です。800億円ほどかかり、アウトソーシングする形で、主要航空会社の多くが使っている旅客システム「アマデウス」を導入しました。

 その時に感じたのは、国際運賃はグローバルスタンダードに近い一方、国内運賃は特殊な競争環境にあることもあってガラパゴスな運賃体系になっていることです。JALの場合だと「先得」「特便」といった非常に細かく、しかも便別に運賃が異なるなど複雑な運賃体系になっていました。

 国際運賃は、路線ごとに大まかに需給に応じてフレキシブルにしています。一方、国内運賃は細かいメッシュ状になっていて多くのルールに縛られています。

 今回の新運賃は大きくまとめると、2種類にしています。需給に応じてお客さまに最も得になる運賃を提供できるようにしました。収支的にも前の運賃体系と比べて最も効率的にできたと思います。

シンプルでわかりやすい運賃ラインアップに(以下リリースより)

――新運賃は乗客にとって、どんなメリットがありますか。

 分かりやすくなったと思います。これまでは往復割引運賃の割引率が決まっていました。一方、新運賃ではその時の需給に応じて割引率が変わります。マイレージを使う特典航空券についても、これまでは繁忙期には取れなかったものが、より多くのマイレージを提供してもらえば席を用意できるようにしました。その時の需給関係によって、フレキシブルに対応できるので、お客さまにとっては、より納得感のある運賃で提供できると思います。

 こうした運賃は国際線ではすでに取り入れているシステムですが、ようやく国内線が追いついた形です。

運賃額変動のイメージ
乗り換え運賃の設定イメージ

――今回の旅客システムの刷新は、自前のシステムでなくアウトソーシングしたことによって固定費だったものを変動費に置き換えることができました。収益面での貢献にもつながったのでしょうか。

 自前のシステムだと固定費になります。一方、アウトソーシングすると利用料になるので、変動費にできます。この変動費は搭乗者数により変わってきますが、コロナ禍で大幅に利用者数が減少したので、結果的に変動費を大幅に減らせました。こんなに早く変動費にしたメリットが得られるとは思っていませんでした。

 今から思うと、17年のタイミングで旅客システムを刷新して本当に良かったと思います。今後はポストコロナで国際線と国内線の乗り継ぎも増えると思います。そういう時の接続を含めた運賃収支の管理は、国際・国内の同じシステムであれば容易になると思うので期待しています。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -