ITmedia NEWS >
ニュース
» 2010年08月24日 08時30分 公開

初級者のためのRAW現像入門(後編)――Lightroom 3を試す (2/3)

[永山昌克,ITmedia]

 以下の写真は、Lightroomに付属するプリセットを使って現像したものだ。

photophotophoto 左よりストレート現像、プリセット「カラーCP3」を適用、プリセット「ブリーチバイパス」を適用
photophotophoto 左より「ポジプリント調」を適用、プリセット「昔風1」を適用、プリセット「明暗別色補正3」を適用
photophotophoto 左より、ストレート現像、プリセット「古い写真」を適用、プリセット「紫ガラス」を適用
photophotophoto 左より、プリセット「北極」を適用、プリセット「明暗別色補正2」を適用、プリセット「白黒クリエイティブ‐クリーム調」を適用
photophotophoto 左よりストレート現像、プリセット「明暗別色補正4」を適用、プリセット「白黒クリエイティブ‐サイアノタイプ」を適用
photophotophoto 左よりプリセット「白黒フィルター‐グリーンフィルター」を適用、プリセット「白黒フィルター‐ブルーコントラスト(高)フィルター」を適用、プリセット「白黒フィルター‐赤外線」を適用

 ちなみに、製品名は似ているが「Photoshop Lightroom」と「Photoshop CS」はまったく別のソフトで、機能や操作性は大きく異なる。Lightroomには、Photoshop CSのようなレイヤー機能やフィルタ機能はなく、画像を合成したり、派手な特殊効果を加えることはできない。逆にPhotoshop CSでは、プラグイン「Camera RAW」を使うことでLightroomとほぼ同等のRAW現像を実現できるが、複数の画像をまとめて処理する操作性についてはLightroomに及ばない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.