ITmedia NEWS >
レビュー
» 2010年12月15日 08時30分 公開

デジタルならではの「容赦なさ」が楽しい――ペンタックス「K-5」 (5/5)

[荻窪圭,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4|5       

作例(2)

 K-5は白熱灯下のAWBで強く合わせるか弱く合わせるか(照明の雰囲気を残す)をカスタム設定で決めておけるので、撮り比べてみた。白熱灯タイプの蛍光灯の下での撮影となったが、違いははっきり出ている。

photophoto 白熱灯下のAWB弱。シャドー補正中。100mm 1/20秒 F5.6 ISO4000 +0.3(写真=左)、白熱灯下のAWB強。シャドー補正中。100mm 1/20秒 F5.6 ISO4000 +0.3(写真=右)

 ハイライト&シャドー補正とHDRを撮り比べてみた。HDRを強(誇張3)にすると、かけすぎたHDR独特のフラットな面白い写真になる。

photo ハイライト補正もシャドー補正もオフにしたノーマルな状態で撮影。普通にコントラストがあってよい写り。18mm 1/125秒 F6.3 ISO100
photo ハイライト&シャドー補正をかけて撮影すると暗部がやや持ち上がって見えてきているのがわかる。18mm 1/200秒 F6.3 ISO160
photophoto
photophoto 左上から、「HDRオート」「HDR弱」「HDR中」「HDR強」。オートだとハイライト部がうまく押さえられたが、シャドー部は誇張しすぎずに残った。この辺はカメラ側の判断だろう。(写真=左上)、HDR弱は「誇張1」と書いてある通り、じゃじゃ誇張気味になってシャドウ部が強く補正される(写真=右上)、HDR中はさらに誇張されてHDRしすぎ感が出てくる(写真=左下)、HDR強までくるともうやりすぎて、デジタルフィルタで遊んだ写真という風情。誇張HDRのおもしろさを狙いたいとき用だ(写真=右下)

 カスタムイメージで絵作りはどう変化するか。K-7から新しく追加されたのは「銀残し」「リバーサル」の2つだ。

photophotophoto ,左から鮮やか(デフォルト)、ナチュラル、雅
photophotophoto 左からほのか、銀残し、リバーサル、いずれも135mm 1/100秒 F5.6 ISO200 -3
photo リバーサルモードではホワイトバランスもデイライトになる。そうすると室内でフィルムで撮ったときの質感に近づいて面白い。なおISO40000と超高感度だが偽色ノイズがうまく押さえられていて不自然さもない。18-135mm F3.5-5.6 WR DC 53mm 1/250秒 F4.5 ISO40000 +0.7

 クロスプロセスフィルタも使ってみた。使ったフィルタはランダム。通常撮影の写真と見比べてみて欲しい。気に入ったプロセスがあればそれを3つまで記録しておいてあとから呼び出せる。

photophotophoto 左は通常撮影。ハイライト補正オン。シャドー補正弱。中と右はランダム。24mm 1/80秒 F4.5 ISO400
前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.