ITmedia NEWS >
レビュー
» 2013年11月18日 13時54分 公開

ローパス効果が選べる高解像一眼レフ――リコーイメージング「PENTAX K-3」 (2/4)

[鈴木吾郎,ITmedia]

より見やすくなったファインダーと液晶モニター

 ボディは、ペンタプリズム部が大きく突き出たオーソドックスな一眼レフスタイルを採用する。外装はフルブラックのマグネシウム合金製。これとは別に、黒と銀のツートーンカラーで構成されたプレミアムシルバーエディションが限定発売の予定だが、すでに受注数が限定数を超えたとのこと。

photo マグネシウム合金製の頑丈なボディ
photo コマンダーとしても使える内蔵ストロボ

 手に取ると高品位な質感としっかりと剛性が伝わり、最上位モデルらしい風格さえ感じられる。ラバーグリップには深い凹凸があり、ホールド感は良好。また、これまでのKシリーズ上位製品と同じく、防じん防滴性能と-10度の耐寒性能に対応することは、アウトドア派には心強いだろう。

 グリップ部の電源レバーを回すと約0.3秒で素早く起動し、液晶モニターに撮影情報(ステータススクリーン)が表示される。ファインダーには視野率100%で倍率0.95倍のペンタプリズムを装備する。十分な広さがある見やすいファインダーだ。一方で液晶モニターには3.2型で約103.7万ドットのTFTを搭載。こちらも視認性は上々。液晶の明るさと彩度、色味を細かくカスタマイズできる点もありがたい。

photo 見やすさにこだわった光学ファインダーが魅力
photo 大型化と精細化によって視認性を高めた液晶モニター

 撮影モードは、左肩のモードダイヤルによってオートからマニュアルまで計12モードが選べる。Av(絞り優先)やTv(シャッター優先)といった一般的なモードのほか、TAv(シャッター&絞り優先)やSv(感度優先)というシリーズ独自の撮影モードも引き続き備える。

 操作面では、AF関連のボタンやレバーが一新されたことが大きな改良といえる。背面のAFボタンの位置が移動したほか、測距点切替の操作も変更されている。さらに、背面の十字キーは2つを同時に押すことで測距点などの斜め方向への移動に対応。撮影モードダイヤルについては、回転ロックの有無を切り替えられる機構が新設された。

 ペンタックス製品ならではのグリーンボタンは、従来機から継承する。このボタンでは、マニュアル露出選択中に素早く標準露出にセットしたり、ISOボタンと併用することでオートISOに設定できるなど何かと便利だ。

photophoto モードダイヤルの回転はロック機構の有無を選べる(写真=左)、新たにボディ側面にAFモードボタンを装備する(写真=右)
photophoto ファインダー横にライブビュー/動画用の赤いボタンを装備(写真=左)、2つを同時に押すことで斜め方向にも動かせる十字キー(写真=右)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.