ITmedia NEWS >
レビュー
» 2015年04月24日 08時00分 公開

新世代カメラを楽しむ:カシオの行楽コンデジ「EX-ZR1600」は、自撮りから風景まで、楽しさを簡単にシェアできる (2/3)

[荻窪圭,ITmedia]

 ハンズフリー自撮りは、自撮り棒を使うときも役立つ。

 自撮り棒や三脚を使うときは、シャッターに手が届かないので、スマホを使ってWi-Fiでリモート撮影、となるのが普通で、ZR1600もそれは可能なのだが、慣れてないとちょっとめんどくさい。Wi-Fi接続の間にテンションが下がっては意味ないし。

 ZR1600ならモーションシャッターを起動してから自撮り棒を伸ばし、手を振ってモーションシャッターを作動させればいいのでテンションが高いまま撮れるのだ。

 カメラと離れすぎると誤動作したりモーションを検知してくれなかったりするけれども、まあ多少は気にしない。

EXILIM EX-ZR1600 自撮り棒を使って少し距離を取るとさらに背景を広く撮れる
EXILIM EX-ZR1600 棒が写らないようにしたいというリクエストがあったのでちょいとカメラを取りつける角度を変更
EXILIM EX-ZR1600 そうすると棒も写らずより広い背景の写真を撮れる
EXILIM EX-ZR1600 棒を使ってカメラを高く上げてやると……
EXILIM EX-ZR1600 普段はかなかなか撮れないハイアングル自撮りも

 ZR1600はのプレミアムオートモードは逆光だと判断するとフラッシュが自動発光する。「光っちゃった」といわれたので発光禁止でも撮り直してみたけど、あとで見返すと、フラッシュの光量調節もちゃんと働いてて、そう不自然じゃない。肌が妙に滑らかなのはフラッシュのせいというより美肌処理との相乗効果なので、その辺はもうお好みで選んでもらうといい。

EXILIM EX-ZR1600 逆光だったのでフラッシュが自動発光。思ったより写りは不自然じゃなくて、よくできてるなと感心

 これはこれで清く正しい路線だと思う。ハイエンド機や一眼レフでは気になる人も多いかもしれないが、行楽コンデジはこれでいいのだ。

アートショットも気に入ったようです

 お昼はしらすが食べたいというので小町通りに戻って魚料理屋に。料理が来たら、もちろん自分と一緒に撮る。

EXILIM EX-ZR1600 料理越しに

 フラッシュは自動発光したが、よく見るとスローシンクロ。だから暗めの室内でもあまり不自然じゃない。ブレやすいけど、雰囲気はこっちの方が出てる。

 こんな調子でたくさん撮ってくれたのであとで選ぶのが大変だったのだが、個人的に一番面白かったのがこちら。

 縦位置で自撮りをしてる様子を横から撮ってるのがばれて、その姿をカーブミラー越しに撮られてたのだ。ミラーを狙ってこっそり撮ってたつもりの2人が実は撮られてたの図。

EXILIM EX-ZR1600 いつのまにか撮られてた。この写真は面白い。撮ったのは一番大きく写ってるモデルの長澤さんです

 低い位置の被写体はモニターを開いて親指シャッターができるのも便利。

EXILIM EX-ZR1600 江ノ電の江の島駅名物、“服を着たスズメ”をモニターを開いて狙うの図
EXILIM EX-ZR1600 これがそのときのカット

 ひととおり撮ってもらったカットをMacに吸い上げてチェックしながらこの原稿を書いてるわけだが、アートショットでデジタルフィルターをかけて撮ったカットがけっこうまじってたのでそれもいっちゃおう。

 彼女らにウケてたのが「宙玉(そらたま)」モード。写真家の上原ゼンジ氏が考案した、レンズの中央に透明の球を仕込んだ「宙玉」レンズをデジタルでシミュレートする機能だ。

EXILIM EX-ZR1600 自分の足下を撮るところが女子っぽい
EXILIM EX-ZR1600 後ろ姿を宙玉で

 さらにあれこれ面白いエフェクトを探しながら撮っていたようで、トイカメラ風でのカットもまじってた。

EXILIM EX-ZR1600 森の中の道を歩くの図。いつのまにかこんなカットも。色合いがすごくいいので採用

 ソフトフォーカスも気に入ってた模様。

EXILIM EX-ZR1600 真上を見上げて幻想的な森の感じを撮ってた。これはソフトフォーカスフィルタの雰囲気が出ててよい
EXILIM EX-ZR1600 望遠にしてソフトフォーカスで野生のリス

 源氏山公園では、木の上でリスを発見し、すかさず望遠で狙う。ZR1600は光学18倍ズームを搭載していて、望遠端は450ミリ相当にもなるので、かなり寄れる。たぶんソフトフォーカスモードにしたままリスを見つけてそのまま撮ったんだろうと思う。ソフトフォーカスになったリスのしっぽがいい。

 そして化粧坂(けわいざか)を前に自撮り。

EXILIM EX-ZR1600 鎌倉といえば化粧坂の切通し、ということで、ここへ行ったのはわたしの趣味です
EXILIM EX-ZR1600 化粧坂(けわいざか)をバックにソフトフォーカス自撮り

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.