ITmedia NEWS >
レビュー
» 2015年08月31日 07時30分 公開

小さくて軽いボディにミドルクラスの機能と操作性――「OM-D E-M10 Mark II」を試す (3/3)

[荻窪圭,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

作例

OM-D E-M10 Mark II キットレンズの14-42mm(18-84mm相当)電動パンケーキズームレンズで広角端。iAUTOモード
OM-D E-M10 Mark II こちらは望遠端でiAUTOモード。描写力はさほど高くないが、非常に薄くて携帯性の高いレンズだ。写りは鮮やかできりっとしててよし

 同じ位置から、絞り優先AE(カラーはNatural)とiAUTOで撮り比べ。iAUTO時はシーンに応じてかなり処理が変わる。この場合、iAUTO時は風景と判断され、色や階調に大きな差が出た。見栄えのする写真を撮りたいならiAUTOで撮るのがよい

OM-D E-M10 Mark II 絞り優先オート
OM-D E-M10 Mark II iAUTO
OM-D E-M10 Mark II iAUTOでポートレートを。曇天下だがナチュラルでよい肌色になった。オート(F5.6、1/640秒)、ISO200、焦点距離:39mm(78mm相当)
OM-D E-M10 Mark II 45mm F1.8の単焦点レンズを付けてポートレート。絞り優先モードで画質はナチュラル。こういう軽くて手頃なレンズの存在がマイクロフォーサーズの良さ。瞳優先で目にピントが合うのもよい。オート(F1.8、1/320秒)、ISO200、焦点距離:45mm(90mm相当)
OM-D E-M10 Mark II 船の上でiAUTOでスナップを。iAUTOだときりっとした絵をみせてくれる。オート(F11、1/500秒)、ISO200、焦点距離:42mm(84mm相当) 1/500秒 F11 ISO200
OM-D E-M10 Mark II 望遠ズームレンズ(40-150mm)を付け、電子シャッターでウミネコを高速連写。ウミネコに合わせてカメラを振ってるので背景に少し歪みが出ている(建物がちょっと斜めに写っている)が、電子シャッター時の高速連写は快適。AFも速くてよし。(F5.6、1/3200秒)、ISO320、露出補正:−0.7EV、焦点距離:150mm(300mm相当)
OM-D E-M10 Mark II ニンジン(だと思う)を食べるリスを連写した中の1枚。シャッタースピード優先で1/200秒にセット。ISO3200まで感度は上がったが、思ったより絵は荒れてなくて感心。シャッター速度優先(F5.6、1/200秒)、ISO3200、露出補正:+0.7EV、焦点距離:150mm(300mm相当)
OM-D E-M10 Mark II 標準ズームレンズでヒマワリにとまっているミツバチを。パンケーキ電動ズームレンズは望遠端でもこのくらい寄れるので使い勝手はよい。(F8、1/160秒)、ISO200、焦点距離:42mm(84mm相当)
OM-D E-M10 Mark II 標準ズームレンズで地魚のづけ丼。(F5、1/60秒)、ISO500、焦点距離:29mm(58mm相当)
OM-D E-M10 Mark II 千葉県鋸山にて。露出やWBが難しいシチュエーションだったが、iAUTOでこれだけちゃんと撮れればよし。(F3.5、1/60秒)、ISO640、焦点距離:14mm(28mm相当)
OM-D E-M10 Mark II だんごを焼いてました。ISO1000だけどほぼ問題ないレベル。でも真夏にこれを喰うかといわれると微妙。(F4.7、1/60秒)、ISO1000、焦点距離:25mm(50mm相当)
OM-D E-M10 Mark II セミの羽化。横からLEDライトで光を当て、カメラは手持ちで撮影。レンズは60mmマクロ。5軸手ブレ補正はこういうときありがたい。(F2.8、1/20秒)、ISO800、露出補正:−0.7EV、焦点距離:60mm(120mm相当)
OM-D E-M10 Mark II iAUTOで夜景を。ISO1600で1/8秒。もちろん手持ちで。自動的に-0.3の補正がかかった。iAUTO(F3.5、1/8秒)、ISO1600、露出補正:−0.3EV、焦点距離:14mm(28mm相当)
OM-D E-M10 Mark II ライブコンポジット機能を使って夜景を。1秒単位(これは指定できる)の撮影を繰り返して「比較明合成」することでスローシャッターを実現する。モニターで確認しながら撮れるのが便利。

ISO感度

OM-D E-M10 Mark II ISO800
OM-D E-M10 Mark II ISO1600

OM-D E-M10 Mark II ISO3200
OM-D E-M10 Mark II ISO6400
OM-D E-M10 Mark II ISO12800
OM-D E-M10 Mark II ISO25600

 ISO感度を800から1段ずつ上げながら撮り比べ。さすがにISO12800以上だと大きく荒れるが、そこまではけっこうがんばってて、不自然さもなくよい写りだ。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.