ITmedia NEWS >
レビュー
» 2015年09月29日 20時36分 公開

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:iPhone 6s Plusのカメラはスマホ史上最強になったのか?――6 Plusと撮り比べ (2/3)

[荻窪圭,ITmedia]

暗所での撮影はどう?

 さらに暗所での撮影ってことで深夜の公園へ。かなり暗い場所じゃないと感度を上げてくれないから。たまたまベンチに置き忘れられてたしゃぼん玉セットがあったので、それをメインに撮ってみた。

photophoto 左がiPhone 6 Plus、右がiPhone 6s Plusで撮影したもの

 実にきれいなんだけど、それはシャッタースピードをぎりぎりまで遅くして、代わりにISO感度を上げないように頑張っているから。ISO感度を上げるとノイズが増えてディテールが荒れる。

 このシーンではISO400まで感度が上がり、ちょっとノイズが出てくるけど、iPhone 6 Plusと同等な感じ。画素数が上がった分不安はあったが、ISO400くらいなら大して変わらない。

 iPhone 6 Plusや6s Plusは光学式手ブレ補正を内蔵していることもあり、4分の1秒までがんばるが、手ブレ補正を搭載しないiPhone 6sでは、もうちょっとシャッタースピードが速めになる(その分ISO感度も上がる)。

 撮影ボタンを長押しして連写したときはシャッタースピードの上限が15分の1秒になる。

 もう1つ、6s Plusの方が高速な被写体を撮ったときのゆがみが少なくなった気がするが、これはあとでちゃんと検証してみたい。

 また、パノラマも画素数が上がった。フルで撮ってみたら「16382×3748」ピクセル(短辺は撮影の仕方の良しあしで変わります)でなんと60Mバイト以上。撮りまくるとストレージが大変なことになりそうである。

カメラ起動時には3D Touchは使えません

 iPhone 6s/6s Plusでは画面をタッチしたときの指の圧力を検知する「3D Touch」機能がついたが、撮影時には特に役立ちません。残念。

 シャッターボタンを強く押すと連写になる、という仕様を期待していたのだけど、バージョンアップでそうならないですかね。長押しで連写だと、すぐ連写したいときにちょっとタイムラグが発生しちゃうから。

「Live Photos」は思ったより面白い

 今回の一番の新機能は「Live Photos」。写真を撮るとその前後を動画としても残してくれる機能だ。

 撮るときは、なーんも気にしなくていい。ただ普通に写真を撮ればいい。HDRも連写もいつも通りにできる。ただ、再生するときに「なぜか前後の動画がくっついている」というものなのだ。

 通常の「写真撮影」機能の付属品みたいなもので、特別な撮影モードはない。ただ「◎」が黄色くなっていれば、Live Photosになっているというだけだ。

photo 左端にある◎が黄色くなっているとオン。LIVEと表示されるので分かる

 これで撮ったものは、一見普通の写真だが、再生時に写真をぐっと強く押してやると、なぜか写真が動き出すのである。こんな感じ。写真をぐっと押すとなぜか動き出すのである。

 これは写真アプリからLive Photosで撮った写真を再生してみたところ。

 実際には撮影時に同じファイル名の「1枚の写真」と「1つの小さなムービー」の2つが生成される。2つのファイルをiPhone内で連携させているわけだ。

 撮れる動画は2〜3秒(最長でシャッターを押す前と後それぞれ1.5秒)。動画のフォーマットは1440×1080ピクセル(つまりフルHD動画の左右をカットして4:3に合わせたサイズ)で秒15コマで、音声付き。だから動きもあまり滑らかではないが、かといって動画のスペックを上げちゃうとファイルサイズがでかくなってストレージを圧迫する。ギリギリの線ってところだろう。

 この猫のLive Photosは、静止画が約3.4Mバイト、動画が約3Mバイトだ。必要なデータ量は通常写真の2倍弱といったところか。ちなみに、上記のLive Photos(猫が塀をのぼるやつ)で生成された2つのファイルはこちら。

photo 静止画

 64Gバイト以上のモデルじゃないと常用するのはきついかもしれないが、再生してみると意外に面白い。上の猫写真はLive Photosを楽しむために狙って撮ったが、狙わずに撮った写真の方が意外性があって面白い気はする。

 課題はiPhone以外での再生をどうするか、かな。Webに上げて楽しめるといいのだけど。なお「スクエア」モードの時はLive Photosは使えない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.