特集
» 2004年09月08日 20時00分 公開

dev .NET:特集:アプリ配布のオンデマンド、ClickOnceで変わるVS 2005 (1/6)

Visual Studio 2005の日本語版ベータが、広く提供開始された。同アプリケーション開発ソフトのレビュー後編となる今回は、Visual Basic 2005のトピックと、ClickOnceについて集中解説していこう。

[大澤文孝,ITmedia]

 デベロッパー「dev .NET」特集Visual Studio 2005レビューの前編では、全体の変更点や拡張された機能を幅広く紹介した。今回のバージョンで新たに加わるExpressについても位置づけを解説している。

 今回の後編では、主にVisual Basic 2005のトピックと、Visual Studio 2005で新たに実現されるアプリケーションの配布形態のひとつ「ClickOnece」について解説していく。

見 出 し 一 覧
1. 扱いやすくなったアプリケーション構成とリソース
2. リソース編集も容易なプロパティ操作で可能に
3. アプリケーション配布はClickOnceで変わる
4. ClickOnceはノータッチデプロイの進化系
5. 大きく変わったWeb開発環境
6. デバッグにはVirtual Web Developer Web Serverを使う
7. 実行時にソースビルドする
8. 特殊な役割を担うディレクトリ
9. ASP.NET 2.0における管理ツール
10. 従来のプロジェクトからの移行はスムーズ
11. 新機能でコーディングを大幅作業軽減するVS2005

扱いやすくなったアプリケーション構成とリソース

 Visual Studio 2005(以下、VS2005)では、アプリケーション構成とリソースを簡単に扱えるようになる。プロジェクトのプロパティとして、アプリケーション構成(app.config)を編集できるのだ。アプリケーション構成には、文字列の型の値を保存することも可能だ(画面13)。

画面13■アプリケーション構成の設定

 アプリケーション構成では、スコープとして「アプリケーション」と「ユーザー」のいずれかを選択できる。詳細は次の通りだ。

 アプリケーションを選択した時には、設定値がアプリケーション構成ファイル(app.configファイル)に記述される。それに対し、「ユーザー」を選択した場合には、設定項目名だけがapp.configファイルに作られ、実際の値は「分離ストレージ」と呼ばれる部分に保存され、読み書き可能な状態になる。

 分離ストレージとは、アプリケーションごと、ユーザーごとに用意された仮想的なストレージを示し、.NET Frameworkにおいて、ユーザー固有の情報を書き込む場合に使われる場所のことだ。アプリケーション構成に設定した値は、VB.NETの場合には、「My.Settings.項目名」を、C#の場合には、「Properties.Settings.Value[項目名]」で参照可能となっている。

【VB.NET】の場合
Dim pos As System.Drawing.Point
pos = My.Settings.UserPotision

【C#】の場合
Point pos;
pos = (Point)Properties.Settings.Value["UserPosition"];

 アプリケーション設定のスコープが「ユーザー」である場合には、次ページのように値を設定することもできる。

       1|2|3|4|5|6 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -