速報
» 2004年12月07日 09時31分 公開

Oracle、単体製品としても販売のBIツール発表

アプリケーションサーバの一部としてのみ販売されてきた「Oracle Business Intelligence 10g」だが、新バージョンは、単体製品としても販売される。

[ITmedia]

 米Oracleは12月5日、ビジネスインテリジェンス(BI)ツール「Oracle Business Intelligence 10g」を発表した。このバージョンから、同社は単体製品としてのBIツール販売に踏み切る。

 同製品は、一つのリポーティング環境でリレーショナル(SQL)とOLAPの両データにアクセスできる「Oracle Discoverer」、Microsoft ExcelからOracle OLAPに直接アクセスできる「Oracle Spreadsheet Add-In」、ETLツールの「Oracle Warehouse Builder」、カスタムBIアプリケーション環境「Oracle BI Beans」の各コンポーネントを統合している。

 これまでOracleのBIツールはアプリケーションサーバの一部として販売されていた。今後もOracle Application Server 10g Enterprise EditionへのBIツールの組み込みを続けるが、今回のOracle Business Intelligence 10gは、スタンドアロン製品としての購入が可能。

 正式発売は2005年1〜3月期に予定されている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ