連載
» 2004年12月10日 15時30分 公開

dev blog/CMS:月刊「XOOPSコミュニティ通信」――12月号

11月のXOOPSは、自治体サイトへの採用事例を始め、PHP 5への対応などが「XOOPS日本公式サイト」内フォーラムでやり取りされた。有志による各地の会合も、XOOPSへの親しみやすさに一躍買っている。

[坂井 恵,ITmedia]

 みなさん、こんにちは。先日、昼休みに仲間と外に出た時、「寒いなぁ」とつぶやいたら「もう冬なんだよ」とツッコまれてしまいました。少し前までは晴れであれば暖かかったので気持ちはまだまだ「秋」だった坂井です。

 11月もXOOPS日本公式サイトでは質問や議論などを中心にたくさんの交流が行われました。

11月22日、公式サイト登録ユーザ9千人到達

 毎月のように触れている「XOOPS日本公式サイト登録ユーザ数情報」ですが、11月22日には9千人を超えました(XOOPS日本公式サイト参照先)。いよいよ1万人の大台も見えてきたこの数字は、XOOPSの注目度を表すと言ってもよいでしょう。

 そのXOOPSの広がりの大きさを示すように、公的機関のサイトへのXOOPS採用も徐々に広がってきています。

新生「恵那市」のサイトがXOOPSを採用

 10月25日、岐阜県の恵那市、岩村町、山岡町、明智町、串原村、上矢作町が合併して「恵那市」が誕生しました。この新しい市の情報サイトがXOOPSで構築されています(XOOPS日本公式サイト参照先関連リンク)。

 自治体サイトとしては、高知県がすでにXOOPSでのサイトを公開していますが、XOOPSの機能をベースにしてちょっとした改造を加えるだけで短納期/低コスト化を実現できるという点はWeb開発会社にとっても自治体にとっても魅力的なことですね。

11月5日、東京・日本橋でオフラインミーティング

 先月も触れた、「秋だ!ビールだ!xoopsだ! オフ(仮称)」が11月5日に開催されました。当日は20人近くが集まり、その一部は翌日までXOOPSや、その周辺などの幅広い話題で盛り上がりました(XOOPS日本公式サイト参照先)。

11月28日、仙台でオフラインミーティング開催

 精力的な活動と続けている「東北XOOPS」による今年最後の講習会が11月28日に仙台で開催されました(XOOPS日本公式サイト参照先)。この講習会の模様はライブカメラで中継されました。

 なお、次回からは仙台以外の東北地方(岩手県内という情報あり)で開催予定とのことです。

12月1〜2日、名古屋で経営者にアピールするイベント開催

 愛知県春日井市商工会議所にて 12月1〜2日の2日間に渡り開催された「社長さんのためのパソコン何でも相談会」には、XOOPSの簡単なデモを行うブースが出展されました(XOOPS日本公式サイト参照先)。

 XOOPSのシステム動作環境であるPHP、MySQLに相次いでメジャーバージョンアップの最新版が公開されました。フォーラムには、これらの新バージョンに対するXOOPS対応状況についての情報などが寄せられています。

システム環境、MySQLのバージョンアップ4.1.7リリース

 テストリリースを終え、MySQL4.1系列としては最初の製品バージョンであるバージョン4.1.7がリリースされました。

 MySQL4.0とMySQL4.1ではパスワードハッシュアルゴリズムが変更になっているという情報など、このリンク先からたどることができます(XOOPS日本公式サイト参照先)。

システム環境、PHP 5で動かすための情報も

 現在、PHPの最新バージョン系列であるPHP 5上では、公式リリースのXOOPSは動作しません。このことに関する話題もフォーラムでやり取りされました(XOOPS日本公式サイト参照先)。

Mozilla Firefox の BBcode 拡張機能

 XOOPS日本公式サイトでは、フォーラム発言などで、BBcodeを拡張した「XoopsBBcode」と呼ばれる形式を採用しており、文字色やサイズ指定でリンク表示をしています。

 WebブラウザのFirefox1.0には、BBcode記述に便利な拡張機能があるという話題もありました(XOOPS日本公式サイト参照先)。この Firefox、筆者の回りでも注目度No.1で、乗り換え組が続出という状態です。筆者もそろそろ試してみようと考えているところです(関連ニュース)。

ミニTIPS「モジュールのアンインストール」

 XOOPSでサイト運用をしていく場合、ちょっとしたことで悩むことがあります。今月は、フォーラム発言の中から注目した2つを紹介します。

 XOOPSは、単機能を拡張する「モジュール」という概念がありますが、手軽にインストールして使用できることが魅力のひとつです。しかし、モジュールを試してみた後に削除(アンインストール)する方法は意外と分かりづらいものです。

 モジュールをアンインストールするには、いったん該当モジュールを「非アクティブ」にしてから「アンインストール」する必要があるのです(XOOPS日本公式サイト参照先)。

ミニTIPS「メインメニューから項目を削除する方法」

 モジュールをインストールすると、自動的にメインメニューにそのモジュールへのリンクが追加されます。

 これは便利な機能ではあるのですが、場合によってはメニューに表示したくないこともあります。これは、モジュール管理機能で「表示順」を「0」に設定すれば、非表示にできます(XOOPS日本公式サイト参照先)。

 それでは読者のみなさん、よいお年をお迎えください。2005年も引き続き「XOOPSコミュニティ」を楽しみましょう!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -