速報
» 2005年07月29日 07時41分 公開

Windows Vistaの出荷は来年10〜12月期に

β版は予定より早くリリースされたWindows Vistaだが、どうやら出荷は「2006年の下半期中」から「2006年10〜12月期」になるようだ。(IDG)

[IDG Japan]
IDG

 Windows Vistaの出荷は2006年10〜12月期にずれ込むようだ。Microsoft幹部が7月28日、本社で行ったプレゼンテーション中に口をすべらせた。

 Microsoftはこれまで、次期クライアントバージョンのWindowsは2006年下半期にリリース予定だとしていた。しかしワシントン州レドモンドで28日に開いた金融アナリスト向けの説明会で、クライアント部門上級副社長のウィル・プール氏は、このOSが米国で提供開始されるのは2006年の「ホリデー」シーズンになると語った。

 この言葉から推定すると、同OSの提供開始は米国の感謝祭の休日(11月の最終木曜日)かクリスマス(12月25日)ごろになると見られる。

 プール氏はすぐにこの失言をただし、その後のアナリスト向けプレゼンテーションでは「Windows Vistaは2006年の下半期中に準備が整う」というMicrosoftの正式路線を強調していた。

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -