ニュース
» 2005年10月20日 13時48分 公開

BIGLOBEが登録フィード共有可能な「ウェブリリーダー」

NECのBIGLOBEは19日、登録フィードを共有可能なWeb型RSSリーダー「ウェブリリーダー」β版の提供を開始した。

[ITmedia]

 NECの「BIGLOBE」は10月19日、Web型RSSリーダー「ウェブリリーダー」β版の提供を開始した。BIGLOBE会員以外でも、BIGLOBEのユーザIDを取得すれば無料で利用することが可能。

 ウェブリリーダーは、登録したRSSフィードをインターネット上に公開して共有することができる公開型のRSSリーダー。自分と同じフィードを登録しているユーザーを簡単に探したり、同じ興味を持つユーザーのRSSフィード一覧から、関連するRSSフィードを簡単に自分のリーダーへ登録することが可能なソーシャル機能も提供しているのが特徴。逆に、公開したくないRSSフィードを非公開設定にすることも可能となっている。

 また、ユーザーの登録サイトをカテゴリ別に集計したランキングも提供されており、カテゴリごとの人気ブログも簡単に見つけることができる。また、ユーザーごとに、カテゴリに対して登録したサイトの数やその人気度などをポイント集計して、高ポイントのユーザーを「テーママスター」として紹介するという。

 BIGLOBEが提供するブログサービス「ウェブリブログ」との連携も図られている。ウェブリブログの新機能として、ウェブリリーダーへの登録ボタンが追加された。登録したいサイトがウェブリブログであれば、このボタンをクリックするだけでウェブリリーダーへの登録が完了する。また、ウェブリブログのユーザーであった場合、ウェブリリーダーに表示されている個々の記事に対して、自分のブログ記事を容易に投稿できるようになっている。

 なおウェブリリーダーは、ユーザーの声を聞きながら改良を重ね、12月には本サービス開始予定とのこと。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -