ニュース
» 2005年11月17日 12時14分 公開

マイクロソフト、SQL Server 2005やVisual Studio 2005のパートナー94社を披露The Microsoft Conference 2005 Report

マイクロソフトはSQL Server 2005やVisual Studio 2005の発表と併せて、パートナー94社を披露した。ERPやCRM/SFAだけでも110製品を超え、企業はすぐに新しい製品の導入を検討できる。

[ITmedia]

 マイクロソフトは11月17日、「Microsoft SQL Server 2005」「Microsoft Visual Studio 2005」、および「Microsoft BizTalk Server 2006」を発表、併せて94社のISV、SIパートナーが対応を表明していることを明らかにした。パートナーらから提供されるアプリケーションとソリューションは199種類に上る。

 マイクロソフトでは、これらの製品開発と並行して、パートナー向けの市場および技術面での支援施策に取り組んできた。今回、94社199種類の対応製品やソリューションがそろうことで、企業顧客は同社の新しいアプリケーションプラットフォームが提供する開発生産性や、高信頼性、高可用性を生かした再利用性の高い「疎結合な」企業システムをすぐに導入検討できるという。

 今回発表されたパートナーによるアプリケーションおよびソリューションは以下のとおり。

分野 製品数
ERP 71
CRM/SFA 40
管理ツール 13
ミドルウェア 39

 また、対応業種も製造、金融、流通、公共、その他特定業種向けと広範囲に及んでいる。対応アプリケーションおよびソリューションについては、マイクロソフトのプレスリリースで参照できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ